増田貴久主演『レンタルなんもしない人』アルコ&ピース平子、増子直純がゲスト出演

TV 公開日:2020/04/01 4
この記事を
クリップ

4月8日より放送がスタートする増田貴久主演のドラマ『レンタルなんもしない人』(テレビ東京)の2話にアルコ&ピースの平子祐希が出演することが決定した。また各話のショートストーリー出演者も決定、第1話に増子直純、第2話に餅田コシヒカリが出演することも発表された。

本ドラマは“何かすること”が求められ続ける現代において、「なんもしない人(ぼく)を貸し出します。」「ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます。」と堂々と宣言しながら誕生した、不思議なサービスの“なんもしない”お仕事ぶりを初めてドラマ化。

平子は2話で登場する有名WEBデザイナー・桐山役で出演する。平子の持ちネタの“意識高い系IT社長・瀬良明正“を彷彿とさせるビジュアルとなっている。


そして、様々な依頼が来るレンタルさん。先日解禁した1話・志田未来の「東京最後の1日を一緒に過ごして欲しい」、2話・岡山天音の「出社についてきて欲しい」といった依頼とは別の各話ショートストーリーの1・2話のゲストも解禁された。

1話で「一緒にクリームソーダを飲んでほしい」と依頼をする岡野役を人気ロックバンド・怒髪天のボーカルを務め、昨年のNHK大河ドラマ『いだてん』にも出演し役者としても活躍する、増子直純が演じる。長年、周りの目を気にして飲めなかったクリームソーダを思いのままに味わう。ダンディーな見た目とは裏腹にクリームソーダを愛してやまない岡野のギャップ、“レンタルさん”と男二人、向かい合ってクリームソーダを飲む様子は必見だ。

2話で「焼肉食べ放題に一緒に行ってほしい」と依頼する三村結子役を、今大注目のコンビ「駆け抜けて軽トラ」の“カトパン芸人”こと餅田コシヒカリが演じる。1人だと周りの目が気になり、友達と行くと会話をする時間が無駄だと思い、レンタルさんに依頼。果して満腹の向こう側にたどり着くことはできるのか。餅田コシヒカリの気持ちのいい食べっぷりにも期待したい。

「駆け抜けて軽トラ」で餅田コシヒカリの相方、小野島徹も3話に登場する。餅田も小野島も連続ドラマ初出演。コンビで2話と3話に登場する。


【1話・岡野役 増子直純コメント】
―増田貴久演じるレンタルさんの印象は?

原作の主人公が持つ「掴み所が無いのに見透かされていそう」な不思議な雰囲気をとても上手に演じられていて、本当にご本人と接しているような感覚になりました。芝居に入るとNEWS感0%になるのは流石です(笑)

―依頼者を演じてみて
自分の演じた岡野は、職業不詳でクセのある感じの男なので楽しかったです。クリームソーダは美味いですが、確かに男一人では頼みづらいですよね。

―実際にレンタルさんに依頼するとしたら
例えば行列のできる洋食屋とか中華屋みたいな店で他人と相席は気を使うので一緒にお願いしたいですね。待ち時間もなんとなく話したりすれば楽しいでしょうし。

【2話・桐山役 平子祐希(アルコ&ピース)コメント】
―有名WEBデザイナー・桐山役を演じてみて

普段の所作もデザイナー風を意識しているので、等身大で挑めました。

―実際にレンタルさんに依頼するとしたら
現場で後ろを歩いてもらい、周囲に『取り巻きがいやがる』と思われたいです。

【2話・三村結子役 餅田コシヒカリ(駆け抜けて軽トラ)コメント】
―依頼者を演じてみて

(焼肉の食べ放題に付いてきてほしいという)シチュエーションが自分の体験と被る部分があったので、気持ちが入り込んでしまいました(笑)。増田さんが撮影の際に気さくに話しかけてくださり、なお且つ優しくてリラックスできました。

―実際にレンタルさんに依頼するとしたら

高級な回らないお寿司を食べに行きたい!ずっと夢ではあるのですが、一人ではなぜか怖くて…。ぜひ、レンタルさんを連れて行きたいなと!

【3話ゲスト 小野島徹(駆け抜けて軽トラ)コメント】
―連続ドラマ初出演ですが、いかがでしたか?

実は2時間ドラマの犯人の青年時代役をやったことがあります。その時、親族にも告知したのですが、放送を観たら顎のラインしか写っていませんでした。回想シーンだったので、まばゆい光の中に僕の顎のラインだけ写ってました。今回こそ顔が写って、初作品となればと思います!

―実際にレンタルさんに依頼するとしたら
趣味で鎖鎌を極めようとしています。鎌と分銅を鎖で繋げた武器です。もちろんオモチャですが、公園で一人、鎖鎌を振り回しているとちょっと不審に見えます。鎖鎌を振り回すのを見ていてほしいと依頼したいです。


【1話あらすじ】
ただ1人分の人間の存在だけが必要なシーンで利用でき、ごく簡単なうけこたえ以外なんもしない――。そんな「レンタルなんもしない人」というサービスを始めた森山将太(増田貴久)の元に大宮亜希(志田未来)から「東京最後の一日に付き合ってほしい」という依頼が舞い込む。亜希は出版社の編集部員だったが、契約を切られ、故郷の栃木に帰るのだという。東京で何の爪痕も残せなかった…と涙を流す亜希に“レンタルさん”は…。


■『レンタルなんもしない人』
2020年4月8日スタート! 毎週水曜日 深夜0時12分~0時52分
【配信】動画配信サービス『Paravi』『ひかり TV』にて配信予定
【原作】『レンタルなんもしない人のなんもしなかった話』/晶文社
【原作協力】『〈レンタルなんもしない人〉というサービスをはじめます。』/河出書房新社
【出演】増田貴久 比嘉愛未 葉山奨之 松川星 古舘寛治
※「舘」...正しくは“舎へんに官”と表記

【1話ゲスト】志田未来 田中幸太朗 増子直純
【2話ゲスト】岡山天音 平子祐希(アルコ&ピース) 餅田コシヒカリ(駆け抜けて軽トラ)
【3話ゲスト】小野島徹(駆け抜けて軽トラ)
【主題歌】NEWS「ビューティフル(ジャニーズ エンタテイメント)
【製作著作】「レンタルなんもしない人」製作委員会

(C)テレビ東京






※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)