『トゥルさま☆』ついに最終回、さまぁ~ずが11年間の歴史を振り返る

TV 公開日:2020/03/30 7
この記事を
クリップ

さまぁ~ずとあびる優が出演する「dTV」で配信中の人気バラエティ『トゥルさま☆』がついに最終回を迎える。配信60回目となる今回は板野友美と荻野由佳をゲストに迎え、過去に行った‟気持ちいい“投稿ネタの中から1つを選び再びチャレンジする。




【関連】新井恵理那、さまぁ~ず三村の “見た目と違った” 特技に「えーーーー!」

チャレンジ候補1ネタ目は第1話(2009年)で配信した「段ボールを上に投げ、傘で刺すと気持ちいい!」というネタ。当時のVTRがスタジオに流れ、11年間という時間の流れを懐かしむかのような眼差しで見つめるさまぁ~ずとあびる優が印象的だ。

チャレンジ候補2ネタ目は第153話(2010年)で配信した「3本のヒモを両足の裾と後ろから通し、社会の窓からまとめて引っ張ると気持ちいいい!」というネタ。これを体験した大竹は「あ~なるほどなるほど。」と気持ち良さを実感した様子。続く三村もあびるに勢いよくヒモを引っ張ってもらうと摩擦で熱かったのか「アッチ!熱っち!」と悶絶し、スタジオは笑いに包まれた。

チャレンジ候補3ネタ目は第162話(2010年)で配信した「氷に10円玉の側面を当てると気持ちいい」というネタ。早速大竹が氷に10円玉を当てると、スーッと氷に10円玉が吸い込まれていく…。この映像を見た板野は「スゴ~イ!!」と驚きの表情をみせ、三村は「これね、家でも試しちゃったよ」と気に入った様子。

その他にも、「鼻の穴にパチンコ玉を入れて磁石を近づけると気持ちいい!」(2011年)、「顔面に大量のお米をかけられると気持ちいい!」(2010年)などがあったが、最終回ということもあり、記念すべき第1回の「段ボールを上に投げ、傘で刺すと気持ちいい!」というネタに再びチャレンジしてみることに。早速、あびるが挑戦すると「やっぱり今でも気持ちいい!」とコメントし、三村は「段ボールを待ち構えての‟ブスッ!“はいいわ!!」、大竹も「気持ちいいね!」とこのネタの気持ち良さをアピール。また、未経験の板野と荻野も傘を刺した瞬間「あぁー気持ちいい!!」と大絶叫!その後、傘を持って休憩している出演者をみて、「杖を持ったオジサンかよっ!」と、トゥルさま☆最後のツッコミを入れ、スタジオは笑いに包まれた。

そして最後は、11年間の歴史をまとめたVTRを全員で観て、それぞれが思い思いのコメントをした。

2009年に携帯電話向けの動画配信サービスBeeTVがスタートし、それと同時に配信を開始した「トゥルルさまぁ~ず」。サービス開始当時の番組で唯一今でも更新を続けており、視聴者からの投稿をもとに“気持ちいいこと・楽しいこと”の検証を行ってきた。2019年2月には「トゥルルさまぁ~ず」から「トゥルさま☆」にタイトルを変更して番組をリニューアルし、 “気持ちいいこと・楽しいこと”の検証をさらに先鋭化。2009年から起算して配信話数は合計668話、出演したゲストは100組以上、DVDは29巻まで発売されるなど長い歴史が詰まっている。今回で最終回となるが、dTVでは第1話~第668話まで視聴できる。


<「トゥルさま☆」配信概要>
■タイトル   : トゥルさま☆
■配信日    : 毎週月曜正午更新
■配信話数   : 60話
■出演者    : さまぁ~ず、あびる優 他

■配信ページ  : https://bit.ly/2SdXVDF





※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)