阿部サダヲ&中川大志、アドリブが上手すぎてカットの声かからず…

TV 公開日:2020/03/26 36
この記事を
クリップ

リニューアルされた味の素冷凍食品「やわらか若鶏から揚げボリュームパック」のイメージキャラクターに、阿部サダヲ、中川大志を起用した新TVCMが、2020年3月26日(木)より全国で順次放送開始となる。

【写真】ほかの写真を見る

本TVCMでは、阿部サダヲと中川大志が、から揚げが大好きすぎる少しおちゃめな親子に扮し、「やわらか若鶏から揚げボリュームパック」が“二段仕込み製法”で、さらに香ばしくジューシーになったことを伝える内容となっている。仲良くジャージ姿で買い物に行くハイテンションな親子姿や、阿部の自転車に追いつこうと必死で自転車を漕ぐ中川の姿など、二人の新しい一面を見ることができる。

<撮影エピソード>
今回が初共演とは思えないほど見事に息がぴったりな阿部サダヲと中川大志。完璧な中川の演技と、スパイスの効いた阿部の演技で、どんどん魅力的な親子関係が出来上がっていった。ジャージ姿でネギが飛び出した買い物袋を持つ阿部。店員役の出演者に気さくに話しかけて現場の空気を一気に和やかにしたり、自転車のシーンでは中川を突き離そうと思い切り漕ぐおちゃめさを見せたりと、和気あいあいとした現場となった。一方、普段は王子様のような役柄が多い中川だが、ジャージ姿でテンションの高い息子をはっちゃけた演技でそつなくこなしながらも、から揚げをお箸で挟む角度やレモンの絞り方など、細かい部分まで丁寧に何度も確認する姿からはプロとしての格好良さがにじみ出る。阿部、中川どちらも、機転を利かせたアドリブが上手すぎて、なかなかカットの声がかからず、当初予定にはなかったセリフや仕草が追加されていくなど、終始二人の演技の素晴らしさに圧倒される撮影となった。

<出演者インタビュー>
▼初共演で親子役!お互いの印象は?

今回初共演の阿部と中川。初共演で親子役を演じた感想を尋ねると中川は、「不思議な親子役という設定でしたが、演技していくうちにどんどん楽しくなってしまって、ヒートアップしていきました。大丈夫だったかな?って少し心配です!」と緊張したけど本当に楽しい時間だったと笑顔で回答。阿部は、「若いのにかっこいいだけでなく面白い俳優さんだな、一度共演してみたいなと思っていました。(実際共演して)親子役が楽しくてもっと演技していたかったですね。」と中川に視線を送りながら答え、中川もその言葉に「ありがとうございます!」と少し照れながらもとても嬉しそうだった。

▼食事はお子さんの方が先?!阿部さんのリアルな父の姿とは?

から揚げを取り合ったり、大きいから揚げを譲り合ったりしながら仲良くから揚げを食べるお父さんを演じた阿部。お子さんと実際におかずを取り合ったりすることはありますかと尋ねると、「いや~、もう先に食べちゃった!ってことが多いですね。食べ盛りなので、親のことは気にせずにご飯をたくさん食べています。」と少し寂しそうに、「でもたくさん食べてくれるのは嬉しいですね!」と父の顔を覗かせていた。

▼中川さんが将来お子さんと一緒にやりたいことは?
大きいから揚げもらっていい?!とお父さんにおねだりし、から揚げをたくさん食べる息子を演じた中川。将来お父さんになったときにお子さんと一緒にやってみたいことは?という質問に、「趣味が釣りで、釣りが大好きなので子どもと一緒に釣りがしたいですね!」と、ご飯を仲良く食べることはもちろん、釣った魚も一緒に食べたい、と答えてくれた。

▼撮影で食べたから揚げは10個以上!?
中川にから揚げを食べた感想を尋ねると、「お肉のボリュームがすごかったです!お肉が大きくて口の中がいっぱいになるので、台詞を言わなければいけないのにから揚げの存在感がすごくて夢中になって食べちゃいました!」と一つ一つのから揚げの大きさに驚き。この日の撮影で10個以上のから揚げを食べた二人に、お腹大丈夫ですか?とスタッフも心配していたが、「油っこすぎなくて食べやすいから、まだまだ食べられましたね。香りもすごく良くて、これが“二段仕込み”か!って感動しました…今も食べたくなっています。」と「やわらか若鶏から揚げボリュームパック」の虜になった阿部だった。「白ご飯なんでないんだろう…と、白ご飯がほしくてたまらなくなりました。それくらい生姜醤油の香りがよくて、食欲に火がつきました!」と、中川も絶賛していた。


■CM概要

「やわらか若鶏から揚げ ボリュームパック」ジャージの親子篇(15秒/30秒/60秒)
放送時期/地域:2020年3月26日(木)より全国で放送開始
メイキング映像は後日公開予定


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)