窪田正孝主演『エール』柿澤勇人ら音楽の世界を彩る出演者発表

TV 公開日:2020/03/19 11
この記事を
クリップ

30日(月)より放送がスタートする連続テレビ小説『エール』の音楽の世界を彩る出演者として、新たに井上希美、柿澤勇人、小南満佑子の3人が連続テレビ小説初出演を果たすことが明らかになった。

本日発表された3人は、東京に出てきた祐一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)が出会う、一流の音楽の才能を持った人物として登場する。音楽を志す同士として仲間になり、良きライバルとなり、祐一と音の人生に大きな影響を与える。




【関連】二階堂ふみ 初の朝ドラでヒロイン、窪田正孝を「元気に支えられたら」


げた屋の娘で、祐一作曲の『船頭可愛や』を歌う歌手・藤丸役に井上希美。慶応大学卒業後、音楽学校の声楽家で学ぶ、金を稼ぐために流行歌を歌うコロンブスレコードの歌手・山藤太郎役を柿澤勇人。東京帝国音楽学校の声楽科の生徒で、ソロリサイタルも開催するほどの実力者。音の良きライバルとなる夏目千鶴子役を小南満佑子が演じる。

井上は「私が演じさせて頂く藤丸にとって、音楽は救いであり、生き甲斐であり、苦しみでもあります。随分と「個性的」な役ですが、ひたむきに、精一杯藤丸を生きて参りますので、どうぞ、温かく見守っていただけたら幸いです」、柿澤は「僕が演じる山藤太郎役は藤山一郎さんがモデルとなる人物。昭和の偉大な名歌手です。まさか自分がそのような偉大な方を演じるとは思ってもなく驚きました。窪田さんとは数年ぶりの共演ですが、窪田さんがいるだけで現場の雰囲気が温かく、和やかになるのがとても印象的でした。古山裕一に少しでも良い影響を及ぼせるよう、そして作品に貢献できるよう、努めたいと思います」、小南は「最初はツンとした千鶴子ですが、音さんとの出逢いにより沢山の刺激を受け次第に歌手として、人としても成長していきます。劇中では、幾つかオペラアリアも歌います。2020 年の日本の朝に音楽の力で沢山の方へエールを送らせて頂ければと願っています」とそれぞれコメントを寄せた。


連続テレビ小説『エール』は3月30日より毎週月~土曜8時、NHK総合にて放送。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)