深田恭子 “とんかつ屋”の看板娘、可愛いエプロン姿で「うちではもう、 あげません」!?

TV 公開日:2020/03/18 16
この記事を
クリップ

ニチレイフーズは、 この春発売した冷凍食品『極上ヒレかつ』の新CM「あげません」篇を、 3月18日より全国にて放映開始する。




深田恭子を起用した新CMでは、 家で揚げなくてもレンジでチンするだけで極上のヒレかつが食べられる時代になったことを宣言している。 深田恭子の看板娘役にも注目だ。 

新CMでは深田がとんかつ屋さんの看板娘としてエプロン姿で登場。 接客をする深田は”極上ヒレかつ”を注文した男性客に対し「あげません」と返答。 驚く男性客に対し「うちではもう、 あげません」とさらに迫る深田。 次のシーンで出てきたのは電子レンジ。 揚げずにチンする”極上ヒレかつ”が登場する。

CMの最後にはカメラ目線で「あげません」とちょっぴりツンとした深田も、 お箸で切れてしまうほど柔らかい”極上ヒレかつ”を一口食べると、 その美味しさに思わず笑顔がこぼれる様子が描かれている。 普段の穏やかなイメージとは違って、 少しツンデレな深田さんのどきっとするやりとりを是非ご覧いただきたい。

 

<撮影エピソード>

今回のCMでは看板娘役に挑戦した深田さん。 白いエプロンを腰に巻き、 ピンクのリボンで結んだポニーテール姿で登場した深田さんにスタッフからは思わず「かわいい~!」との声が。 撮影日は寒さ真っただ中の2月某日に行われましたが、 深田さんは寒いそぶりは一切見せず、 かえって終始笑顔で対応くださり温かな雰囲気を作り出していました。しかし撮影となると一転、 監督からの指示を真剣な表情で聞く深田さん。 “極上ヒレかつ”を食べるシーンでは、 商品がより美味しく見える角度を探し何度もチャレンジしていました。また、 テスト時に食べてみると「こんなにサクサクなんだ!」と”極上ヒレかつ”のサクサク具合に驚いた様子で、 そのまま美味しそうに食べられ、 現場を和ませていました。

 

<深田恭子Q&A>

Q:撮影を振り返ってみて

A:とんかつと言えばロケ弁とかで食べることが多いのですが、 あんなにサクサクしたとんかつは初めて食べました!すごく美味しく撮影をすることができました。


Q:今回はとんかつ屋の看板娘役でしたが、 もし女優業をやっていなかったら何の仕事をしてみたいですか?

A:水泳をやっていた時は選手コースだったりもして、 小さいころから泳ぐことが好きなので、 イルカの調教師になりたいです。


Q:深田さんはゲン担ぎとして何か食べたり、 したりしますでしょうか?

A:大切な撮影の前と後は何か予定を入れてしまうと不謹慎な気がして、 なるべくスケジュールを空けて気持ちを作って、 早く寝たり、 人と会わないようにしています。 そして、 撮影がうまくいったら予定を入れることにしています。 その方が神様が助けてくれるんじゃないかと思っています。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)

関連タグ