中村倫也の林檎に刺さるナイフ…『美食探偵』メインビジュアルの謎

TV 公開日:2020/03/17 15
この記事を
クリップ

2020年4月12日スタート、新日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)のメインビジュアルが解禁された。


本作は、大ヒットメーカー・東村アキコの初サスペンス漫画が原作で、中村倫也がGP帯初主演を務める連続ドラマ。私立探偵・明智五郎(中村倫也)が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼へと変貌する主婦と対決する“恋する毒殺サスペンス”という内容だ。

主人公・明智五郎の相棒・小林苺役を、日テレドラマ初出演となる小芝風花が演じる。小林苺は、移動販売のワゴン車で美味しい弁当を売りながら、常連客である明智に巻き込まれて、いつのまにか、探偵の助手をさせられてしまう役柄。また、明智と禁断の愛で惹かれ合う連続殺人鬼・自称“マグダラのマリア”役は小池栄子に決定。明智との出会いをきっかけに、連続殺人鬼へと変貌してしまう主婦という役どころ。

また、明智を邪魔者扱いするくせに、結果助けられてしまうちょっと残念な警視庁のベテラン警部・上遠野役には、北村有起哉、明智の大ファンで、捜査内容を明智にペラペラしゃべってしまう新米エリート刑事・高橋役には「劇団EXILE」の佐藤寛太、苺の親友・桃子役には富田望生、そして、マグダラのマリア(小池栄子)に初めて殺人を依頼するりんご農家の娘・古川茜役に志田未来が決定している。

そんな本作のメインビジュアルが解禁された。明智、苺、マグダラのマリアが手に持つのは、林檎。アダムとイブの禁断の果実でもあり、毒殺の暗示でもあり、さらに、マグダラのマリアにとって初めて“ファミリー”に加わったりんご農家の娘のコードネームでもある「林檎」は、本作のキーアイテムとなっている。

それぞれが持つ林檎の形状が表しているものは?さらに、明智の林檎に刺さるナイフの意味は?ぜひ、細部にまで注目して、物語の行く末を占ってみよう。

メインビジュアルは、番組公式HPで17日(火)21時に解禁。なお、同じタイミングでHPが新しくなり、相関図も新たに掲載。ぜひ、公式HPをチェックしてみよう。『美食探偵 明智五郎』は4月12日(日)夜10時30分スタート。


(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。