古田愛理が女優デビュー、演技力の高さに称賛の声続々

TV 公開日:2020/03/13 6
この記事を
クリップ

AbemaTVで絶賛放送中のAbemaTVオリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』。その第4話が12日に放送され、今回初登場した出演者が話題になっている。

話題となっているのは高校生の大上結奈役を演じたモデルの古田愛理。




古田愛理は約10年ぶりに復活を果たした『ヤングジャンプ』の『制コレ18(イチハチ)』メンバーで、AbemaTVの超人気恋愛リアリティショー番組「オオカミシリーズ」にも出演し、女子中高生を中心に今、大きな注目を集めているモデルだ。

今回古田が演じたのは、事故に巻き込まれ偶然、主人公芽衣と出逢い、二人を取り巻く人間関係を知らずと動かすきっかけを与える役。

本人はドラマ放送後、SNSにコメントをUP。

「僕せか第4話、有難うございました!とても素敵なスタッフさん、共演者の方々、プロデューサーさんに囲まれながら色んな事を学べた撮影期間でした!まだまだこれからも頑張るので応援宜しくお願いします!結奈ちゃんも宜しくお願いします!」

非常に難しい役どころではあるが見事にこなし、その迫真の演技力と可愛さに古田のSNSにすぐさま4000のいいね!とコメントが殺到。「祝女優デビュー!!演技うますぎる!最高だ。」「可愛すぎて可愛すぎて、、、」と、称賛のコメントがたくさん寄せられた。  

今後はどういった動きを見せていくのか。ドラマからも古田愛理からも目が離せない。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)

関連タグ