乃木坂46出演作『映像研』安倍乙&うえきやサトシの出演決定「うるさく・汚く・時に…」

TV 公開日:2020/03/13 9
この記事を
クリップ

秋元康プロデュース「劇団4ドル50セント」の劇団員である安倍乙とうえきやサトシ”、乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波らが出演する実写版『映像研には手を出すな!』に出演することが決定した。

本作は、「月刊!スピリッツ」にて連載中の同タイトル漫画が原作、“最強の世界”を夢見てアニメーション制作を志す、3人の女子高校生の姿を独特な世界観と共に描いた作品。

作中では、3人が所属する“映像研”を中心に、周りに存在する様々な部活動との関係性が描かれ、その部活動の一員として安倍とうえきやが登場し作品を盛り上げる。


なお、実写ドラマはMBSにて4月5日より毎週日曜24時50分~、TBSにて4月7日より毎週火曜25時28分~放送開始。映画は5月15日(金)から全国スクリーンにて上映される。


<安倍乙 コメント>
なんと!人生初のウィッグをかぶっての撮影でした!!皆さま、私を見つけられるでしょうか…?ぜひご覧くださいませ!

<うえきやサトシ コメント>
『映像研には手を出すな!』に出演させていただきます!とても楽しい現場でした!うるさく・汚く・時に……はい。笑 お楽しみにっ!!


■実写ドラマ&映画『映像研には手を出すな!』
ドラマ:MBS/TBSドラマイズム枠にて、MBS:4月5日スタート(毎週日曜24:50)/ TBS:4月7日スタート(毎週火曜25:28)
映画:5月15日(金)より全国公開

(C)2020「映像研」実写映画化作戦会議 (C)2020「映像研」実写ドラマ化作戦会議 (C)2016 大童澄瞳/小学館


【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)