『トップナイフ』古川雄大がクランクアップ、森田望智のキレキレEDダンス動画も公開

TV 公開日:2020/03/10 40
この記事を
クリップ

毎週土曜22時より放送中の天海祐希が主演を務めるドラマ『トップナイフ ー天才脳外科医の条件ー』(日本テレビ系)に出演の古川雄大、森田望智らがクランクアップを迎えた。


【関連】「全裸監督」ヒロインが『トップナイフ』EDダンスでキレッキレ


最終話まで1週間を切ったなか、ついに第一陣がクランクアップ。第一話から、くせ者だらけの脳外科メンバーたちの憩いの場として登場してきたBarカサブランカでマスター、来島達也役の古川雄大をはじめ、小沢真凛役の森田望智、伏見愛子役の藤本泉、玉井静香役の宮本茉由の4名が一足先にクランクアップ。同日、生田スタジオにて救命医 織田直人役を演じたアキラ100%もクランクアップを迎えた。


出演者たちは感無量の様子で、監督、スタッフや共演者から花束を受け取ると、天海ら“トップナイフ”たちとの濃密な3か月間の収録期間を振り返った。


また、クランクアップを記念して、森田、藤本、そしてまだ収録を残している福士の3人による医局での3人のエンディングダンス動画が解禁。さらに磨きのかかった森田のキレッキレの動きはもちろん、それぞれ演じる犬飼、小沢、伏見の3人のキャラクターがよく出たエンディングダンスが本日Youtubeで公開された。

今週はついに最終話。大事故から奇跡的な回復を見せる中学生・徹だが、心配する母・良美のことを“お母さんを乗っ取った宇宙人”だと主張する。危険な兆候を感じ取った深山は徹の再手術を決断するが……。そして、今出川の妻・里美を救うための手術が始まる。深山、黒岩、小机、西郡、そして今出川。最高の医師たちが、0.1mmのミスも許されない最高難度のオペに挑む。

『トップナイフ ー天才脳外科医の条件ー』最終回は3月14日(土)よる10時放送。


<出演者コメント>
■古川雄大(来島達也役)
こんなに素敵で温かいチームに参加させていただき、本当に充実していて幸せでした。『Here we go~!』を、どんなふうに言ったらいいのかすごく悩んだのもいい思い出です。(笑)共演者のみなさんからも沢山勉強させていただきました。ありがとうございました。

■森田望智(小沢真凛役)
いつかご一緒したかった共演者の皆さんと、温かいスタッフのみなさんに囲まれて、しかも初めての医療ドラマで…憧れていたものが本当にたくさんつまった現場でした。また小沢真凛として視聴者の皆さんにお目にかかれたら幸せです。

■藤本泉(伏見愛子役)
素晴らしい共演者、スタッフの皆さんとご一緒できて楽しかったです。ER(救急救命室)のシーンが本当に大変で、クランクアップがERのシーンだったらどうしよう…と思っていました。(笑)
ですが、大変だった分、とても充実した3か月間でした。ありがとうございました。

■宮本茉由(玉井静香役)
すごく素敵な共演者のみなさん、スタッフのみなさんに囲まれて、本当に楽しい三か月間でした。また皆さんとお仕事できるよう精進してまいります。ありがとうございました!

■アキラ100%(織田直人役)
連続ドラマでの初めてのレギュラーがこの「トップナイフ」なんですが、私が服を着てテレビに出ているのを見て両親が大変喜んでおりまして、感慨深かったです。一生忘れられない作品になりました。本当にありがとうございました!



<最終回あらすじ>
いよいよ今出川(三浦友和)の妻・里美(有森也実)のオペが始まろうとしていた。まずは西郡(永山絢斗)と幸子(広瀬アリス)が開頭した状態の里美に話しかけながら脳のチェックをしていく。今出川も参加し、順調にオペが進むが……。一方深山(天海祐希)は、鉄筋が頭部を貫通する事故から奇跡的に回復に向かっている中学生・徹(田中奏生)から、「母親に殺されそうになった」と打ち明けられ、驚きを隠せない。
そんな中、手術室では里美のオペにトラブルが発生!全身痙攣を起こした里美のもとに深山と黒岩(椎名桔平)が合流する-。
徹の被害妄想は脳の損傷による“譫妄”が抱かせている可能性があるという深山の説明に、思いつめた表情で聞く、徹の母・良美(鈴木杏)。
さらに、徹は見舞いに来た良美のことを“お母さんを乗っ取った宇宙人”だと言い出す……!深山は血液の逆流で脳出血を起こす危険のある徹に、再びオペをすることを決断。しかし、オペを前に突然徹の容態が急変する……!! 





(C)日本テレビ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)