高畑充希 アクシデント発生も演技続行、あまりの熱演で靴下まで…

TV 公開日:2020/03/10 7
この記事を
クリップ

江崎グリコの機能性表示食品、チョコレート「LIBERA(リベラ)」の新イメージキャラクターに、女優の高畑充希が起用され、新TV-CM「LOVE LIBERA」篇(15秒・30秒)が、3月12日(木)から全国でオンエア開始となる。

新TV-CM「LOVE LIBERA」篇で高畑充希が演じるキャラクターは、三度の飯よりチョコレートが大好きな学芸員の好田チヨ子(27歳)。ここ最近、不摂生が続き、しばらく我慢していたことから、もう1億年もチョコを食べていないような気分だった彼女がある晩、テレビでチョコのCMを目撃するシーンから物語がスタートする。

リビングの棚に置かれた「リベラ」を横目に、当初は何とかその誘惑を振り払っていたチヨ子だが、難消化性デキストリン配合の「リベラ」なら…!と思い切って封印していた大好物をついに解禁。あまりのおいしさとうれしさから喜びを爆発させたチヨ子こと高畑が、ぬいぐるみのタコちゃん人形と一緒に踊り狂うという、ちょっぴり不思議で、幸福感に満ちあふれたストーリーだ。




また、同CMの音楽はPEDRO(BiSH のアユニ・D ソロバンドプロジェクト)の新曲『感傷謳歌』のバックトラックを使った「LIBERA」CMだけのスペシャルバージョンとなっているので、こちらも要チェック。


■撮影エピソード
撮影は高畑演じるチヨ子がソファーに寝そべり、抱き枕のようなタコちゃん人形を抱えて、ボーッとテレビを見続けているシーンからスタート。現場入りするやいなや、「セットがかわいくてとてもすてき」とうれしそうな表情を浮かべた高畑は、相棒役のタコちゃん人形を一べつするなり「目が離れ過ぎているところがカワイイ」と、早くもチャームポイントを発見。初対面にして、すっかりその不思議な容貌が気に入った様子。

チヨ子がチョコを食べたいという欲求を、ギリギリ抑えているシーン。次第にアクションが大きくなっていくことを求められた高畑は、「チョコ、チョコ!チョコ!!・・・」と叫びながら、寝転がって手足をバタバタすると、勢い余って机の角に思い切り手をぶつけてしまうも、カットが掛かるまで無我夢中で芝居を続け、しまいには靴下まで脱げてしまうほどの熱演を披露。

また、チョコを食べる決意をするシーンでは、監督から「我慢をやめた決心の顔」「1億年ぶりに『リベラ』を食べて、コレだ!という表情」というリクエストを受けた高畑。言葉に頼ることなく、心の動きを表現する難しい芝居だったが、絶妙のタイミングと表情で完璧に演じ切ると、監督から「何も言っていないのに、声が聞こえてきました!」と絶賛される場面が。

今回の見どころのひとつが、チョコのCMを見た直後のチヨ子の心の動きを、表情や仕草のみならず、髪の毛の変化でも表現しているところ。映像の中では、チョコへの我慢がピークに達していく様子を髪の毛の巻き具合で表現していて、我慢がピークへと近づくにつれて、どんどん巻きが強くなり、クリンクリンになっていく高畑の髪。一方、リベラを食べて満足してからは、オシャレでかわいらしい雰囲気に一変するなど、シーンごとに異なる自分のヘアスタイルの変化を、高畑もとても楽しんでいたようだ。

今まで我慢し続けていたチョコを食べたチヨ子が、その多幸感を全身で表すシーン。「曲に合わせて、楽しく踊ってください」という指示を受けた高畑は、キラキラした紙吹雪や紙テープが舞う中、幸せな気持ちを一心不乱にダンスで表現。ここではキャノン砲を使って、紙吹雪や紙テープを飛ばすという特殊効果の演出もあり、部屋中にものすごい大きな音が響き渡ったというが、そんなことにも一切動じることなく、踊り続けた高畑。すると、監督も「とてもいい絵になりました」と満面の笑みを浮かべ、見事に一発OKを獲得した。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ