稲葉友、Eテレ『テレビで中国語』生徒役に「中国語でのお芝居にも挑みたい」

TV 公開日:2020/03/09 6
この記事を
クリップ

俳優の稲葉友が、3月31日(火)よりスタートするNHK Eテレ『テレビで中国語』(毎週火曜23時30分~)に、生徒役としてレギュラー出演することが発表された、


【関連】稲葉友、2020年の抱負は「現実から目をそらさず…」


新年度より生徒役に抜擢された稲葉は、ドラマや映画に加え、レギュラーのラジオ番組での軽快なトークなどで、男女年齢問わず根強い人気を誇る俳優。これまで2回中国へはイベント出演で訪れたことがあり、自己紹介は流ちょうな発音で披露できるものの、中国語は初心者のため、視聴者にリアルタイムでその成長を見せていく。

稲葉は、本番組で中国語を基礎からしっかり学ぶことで「次回中国に訪れた際、ファンの人たちと中国語でコミュニケーションを取れるようになることや、中国語を駆使してお芝居をすることが目標」と語り、1年間番組を通して成長する姿に期待が高まる。


<稲葉友 コメント>
Q.なぜ中国語を学ぼうと思われたのですか?

A.中国でのイベントを行った際、応援してくれている方々の多くが日本語でお話ししてくださったので、こちらも中国語を学んで中国語でより深く交流出来たらと思ったのがキッカケです。

Q.番組の見どころや番組にかける意気込みを教えてください。

A.発音や単語など、これから一緒に学び始める方にも優しく丁寧な先生たちの教え方が見どころです。

Q.視聴者の皆さんには番組を通してどんな風に学んでもらいたいですか?
A.学びの中で間違えることを恐れずに中国語を一緒に学んでくださると嬉しいです。

Q.中国語が話せるようになったらやってみたいことや、行きたい場所はありますか?
A.中国のお客さんとの合流、そしてもっと言葉を使いこなせるようになっていったら中国語でのお芝居にも挑みたいです。あとは一人で上海の街を散策したいです。

Q.番組講師からは「発音がきれい!」と言われているそうですが、何かコツはあるのですか?
A. 耳から入ってきた先生の正しい発音をとにかくそのまま口に出してみるよう意識しています。

Q.普段はどのように勉強していますか?

A. アプリの声調確認くんで正しい発音の確認をしたり、なるべく発声することで身体に馴染ませながらの勉強をしています。

Q.視聴者・読者の皆さんへ。

A.皆さんと一緒に学ぶ楽しさを共有しながら、向上していきたいと思っています。この番組が中国語はもちろん、中国の文化などへ興味を持つキッカケになってくれたら幸せです。1年間、どうぞよろしくお願いします!


■『テレビで中国語』
Eテレ 火曜よる11:30~11:55
[再放送]Eテレ 木曜あさ6:00~6:25
NHKプラスでも配信中

【出演者】
生徒:稲葉友
講師:陳淑梅(東京工科大学教授)
ネイティブゲスト:王陽
スキット・声の出演:浅野杏奈 劉セイラ 李軼倫
コーナー出演:秋吉健吾


※本記事は掲載時点の情報です。