小関裕太が“マダムキラー”に、鈴木京香主演『行列の女神~らーめん才遊記~』出演決定

TV 公開日:2020/03/09 6
この記事を
クリップ

テレビ東京では2020年4月20日(月)夜10時より、“働く人々”を通して現代社会を描くドラマ枠「ドラマBiz」の第9弾となる『行列の女神~らーめん才遊記~』を放送する。

女優の鈴木京香が主演を務める4月20日(月)22時より放送スタートするドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』(テレビ東京)のレギュラーキャストが解禁、高橋メアリージュン、小関裕太、前野朋哉、石塚英彦、杉本哲太が出演することが発表された。


【関連】鈴木京香が“ラーメンのカリスマ”に、共演のド天然“ゆとり”役に黒島結菜


本作は、ラーメン業界をけん引する「清流企画」社長・芹沢達美が、奇抜なアイデアと計算しつくされた手法で、苦境にあえぐ街のラーメン店を繁盛店へと導くフード・コンサルティングの物語。原作は、久部緑郎・作、河合単・画の人気コミック『らーめん才遊記』。これまで数多くの食をテーマにしたドラマを放送してきたテレビ東京が、ビジネスを切り口にコメディタッチで味つけした、新たな食テーマ作品となる。

主演の鈴木京香が人気ラーメン店のカリスマ店主でフード・コンサルタントの芹沢達美役を、黒島結菜が料理の才能には秀でているが天然で空気が読めない汐見ゆとり役を演じるのは既報の通りだが、この度、2人を取り巻くレギュラーキャストが発表された。

芹沢のようなラーメン職人を目指して奮闘する夏川彩役に高橋メアリージュン、マダムキラーのイケメン・白坂隼人役に小関裕太、気弱だが筋金入りのラーメンオタク・須田正史役に前野朋哉、清流企画に頻繁に出没するラーメン評論家の有栖涼役に石塚英彦、清流企画の部長で芹沢の良き理解者・河上堅吾役に杉本哲太が扮し、物語を盛り上げる。


さらに主題歌がTHE イナズマ戦隊の『WABISABIの唄』に決定。THE イナズマ戦隊は今年で結成 23 年目を迎えた 4 人組ロックバンド。今回、ドラマのために書き下ろされた 新曲『WABISABIの唄』は、2020 年第1弾シング ルとして 4 月 8 日にリリース予定。ドラマの世界観に寄り添い彩るだけでなく、頑張る人たちの背中を押し てくれる、明日への活力が湧いてくる一曲となっている。


⇒次ページ:出演者よりコメントも到着



1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)