多部未華子主演 “おじさん家政婦を雇う”ラブコメディ、同僚役に若月佑美ら

TV 公開日:2020/03/09 9
この記事を
クリップ

TBSでは4月期の火曜ドラマ枠(毎週火曜よる10時)で『私の家政夫ナギサさん』を放送。新たなキャストが発表された。


仕事一直線で頑張ってきた不器用なアラサー独身女性・メイと、そんな彼女の家に派遣されたおじさん家政夫・ナギサさんが、周囲を巻き込みながら本当の幸せを探すハートフルラブコメディだ。

主演は多部未華子。仕事は誰よりもできるのに家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子・相原メイを演じる。また、家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫で、ひょんなことからメイに雇われる鴫野ナギサ役で大森南朋、メイの仕事のライバルとなる田所優太役で瀬戸康史が出演する。

このたび、多部、大森、瀬戸の共演者が新たに決定した。多部演じるメイの勤務先「天保山製薬」の面々で、メイの上司で横浜支店の支店長・古藤深雪(ことう・みゆき)役には富田靖子、メイの学生時代からの友人で職場の同僚・陶山薫(すやま・かおる)役に高橋メアリージュン。さらに、同じ営業チームの上司・松平慎也(まつだいら・しんや)役で平山祐介、馬場穣二(ばば・じょうじ)役で水澤紳吾、同僚の堀江耕介(ほりえ・こうすけ)役で岡部大(ハナコ)、後輩の天馬あかり(てんま・あかり)役で若月佑美が出演する。

原作は、国内最大級の電子書籍サイト「コミックシーモア」発のオリジナルコミック『家政夫のナギサさん』(著者:四ツ原フリコ)。ソルマーレ編集部少女漫画レーベル「恋するソワレ」にて連載中の人気作品で、WEBコミックがTBS連続ドラマの原作となるのは初めての試み。また「天保山製薬」の面々はドラマのオリジナルとなる。



<あらすじ>

製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイ(多部未華子)は、仕事は誰よりもできるのに、家事が全くできないアラサー独身女性。そんなメイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れた。その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)だ。

ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられない。一方、仕事では、無敵のMRであるメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所(瀬戸康史)が出現。突如現れ、自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所にメイは気が気ではなく、ライバル心と警戒心をむき出しにする。しかも田所はライバルだというのに爽やかにメイに急接近し、メイは心までかき乱されることに…。

そんな仕事に恋愛にいっぱいいいっぱいのメイは、家政夫のナギサさんに家事をサポートしてもらい共に過ごす中で、彼の持つまるでお母さんのような“包容力”と“温かさ”、そして“癒し”に触れ、いつしかナギサさんの存在に救われていくように。そして、ナギサさんが時間と心の余裕をもたらしてくれたことにより、仕事一筋だったメイは、「生活」「恋愛」「結婚」「家族」「将来」という自分の人生と本当の幸せについて次第に考えるようになっていく───。


■TBS火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』
4月スタート 毎週火曜よる10時
出演者:多部未華子 瀬戸康史 高橋メアリージュン 平山祐介 水澤紳吾 岡部大(ハナコ) 若月佑美 〇 富田靖子 〇 大森南朋


【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。