『恋つづ』佐藤健 禁断の一言だけじゃない、ヒットの鍵は「素敵な人ばかり」

TV 公開日:2020/03/06 787
この記事を
クリップ

恋だけではない。第8話で、視聴者から「(演じる)清原翔嫌いになりそう…」という声まで出た患者・上条(清原翔)。好意を寄せる七瀬への思いが届かず、天堂を訴えるという暴挙に出たが、そんな上条にもまわりの人たちは優しかった。天堂(佐藤健)は七瀬(上白石萌音)に「上条さんの容態は見られない。代わりにおまえが上条さんを支えてやってくれ」と託したり、七瀬は「体を治すだけじゃなくて心まで元気になってほしい」という思いを口にする。それを聞いた仲間の看護師たちは、一丸となってバックアップする。上条のリハビリでくす玉を割って応援する姿は、とても明るい気持ちにさせてくれた。



素敵なキャラクターたちに、上白石萌音が言った「素敵な人たち」がつくる雰囲気がそのまま表れているのかもしれない。

天堂と七瀬の超ド級のキュンキュンシーンの間にも、視聴者を笑顔にしてくれるシーンがたくさん詰め込まれていて、そこにはドラマがある。「全員役に合ってる」「恋つづは全員キャラクターがかわいくて最高」「結局全員好き!」。昨年ヒットしたドラマ『初めて恋をした日に読む話』や『凪のお暇』などでも、同様の声がよく聞かれたものだ。 『恋つづ』でそんな声が聞かれるのは、素敵なキャラクターを「素敵な人ばかり」で作っているからなのだろう。


第9話が待ちきれないところだが、"追いつづ”しながら一つ一つのシーンを噛みしめてみてはいかがだろうか。


【写真】第9話先行カット(別カット追加しました!)


画像(C)TBS


▼第8話のキュンキュンシーンを詳しく

『恋つづ』佐藤健のアドリブ&バックハグは想像上回る破壊力「何その技」


▼第7話カットをたくさん見たい方はこちらの記事で

『恋つづ』俺のそばを離れるな…佐藤健&上白石萌音に何度も胸キュン


▼第7話キュンキュンシーンにニヨニヨ

『恋つづ』佐藤健 強引キスからのギャップ萌えで視聴者悶絶「今回やばい」


▼あわせて読みたい

佐藤健“天堂先生”の視線もキュンキュン要素?『恋つづ』の優しい魅力


▼天堂先生の”寝たふりキス”についてはこちら

『恋つづ』佐藤健の“寝たふりキス”に大興奮「これは反則」「キスの仕方が…」


▼チョココロネについてはこちら

佐藤健“天堂先生”の異変に「可愛すぎ」の声 いつもと少し違った『恋つづ』


▼あわせて読みたい

佐藤健ともう1つの“沼”?絶妙なタイミングで流れる『恋つづ』主題歌


▼「これは治療だ」についてはこちら

『恋つづ』佐藤健の不意打ち“治療”(キス)に騒然、キュン患者続出


▼圧巻のベンチシーンについてはこちら

『恋つづ』佐藤健 ベンチシーン圧巻の表情に反響「目の演技最高」


▼「お前は・・・天堂担だろ?」についてはこちら

佐藤健、カッコよすぎる一言に“天堂担”希望者が続出


▼舞台挨拶の模様はこちら

佐藤健、上白石萌音とドSの応酬「自覚あるでしょ?」「片鱗感じます」

渡邊圭祐、学生時代に目指していた職業明かし佐藤健らも驚き 





2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 28件)