『エール』主演の窪田正孝、理想の夫婦像を明かす「出会うべくして出会った2人」

TV 公開日:2020/03/25 13
この記事を
クリップ

俳優の窪田正孝が主演を務める、NHKの連続テレビ小説第102作となる『エール』の放送が3月30日(月)よりスタートする。


本作は『栄冠は君に輝く』や『六甲おろし』などの応援歌や、数々のヒット歌謡曲を生み出してきた作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子氏をモデルに、昭和の時代に人々の心に寄り添う曲の数々を生み出し日本を勇気づけようと奮闘した夫婦を描きだす。


連続テレビ小説で男性が主演を務めるのは、2014年度後期の『マッサン』の玉山鉄二以来となるが、そんな窪田に主人公・古山裕一を演じる上での意気込みや、ヒロインを務める二階堂ふみへの想いを聞いた。




【関連】窪田正孝、愛妻・二階堂ふみへの思いを明かす「作品の看板や顔はふみちゃん」


クランクインから約5ヶ月が過ぎ、窪田は朝ドラと通常のドラマの撮影の違いを“スケジュールと挙げた。「基本的には土日休みで、月曜から金曜にスタジオに通い、たまにロケ。現代の話ではないので、タイムスリップした感じですね。毎日新しいセットで、新しい人に出会います」と明かしてくれた。そんな現在の心境は「仕事場に通う会社員のような気分。リズムが決まっているのはすごく楽なので、そこはすごく助かっています」と笑顔。


そんな窪田が連続テレビ小説に出演するのは「ゲゲゲの女房」(2010年)、「花子とアン」(2014年)に続き今作が3作目、しかも今回は主演としての出演だ。朝ドラ主演決定が報じられると、窪田の家族や親戚も喜んだそうで、その当時の心境を「プレッシャーじゃないですけど、僕自身もワクワクする心境になって、家族を喜ばせたいと思いました。それに、そういう人たちを喜ばせることが出来なかったら、視聴者を喜ばせることが出来ないと思っています」と打ち明けた。


窪田が演じる古山裕一は、作曲家・古関裕而氏がモデル。「古関さんのお人柄や性格の部分は肝として大事にしなければいけないと思っているんですが、あまり古関さんのことを勉強しすぎて台本より先に行きたくない気持ちもあります。極力情報として入れないように分別してやっています」と実在した人がモデルとなった役を演じることの難しさを明かしてくれた。「古関さんは戦争の時代を経験されていて、人の心の痛みを、言葉だけじゃなく、肌で感じてきているので、すごくわかる方だと思うんです。だからこそ、人に寄り添う音楽を作ることが出来たのではないかと思います」としみじみ。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)