今泉佑唯、気合いの完食!激辛グルメで勇姿魅せる

TV 公開日:2020/03/02 7
この記事を
クリップ

2日19時から放送された「有吉ゼミ」(日テレ)に女優の松本穂香と今泉佑唯が出演。チャレンジグルメで、「灼熱ホルモンライス」の完食に挑戦した。




激辛が大好きだという2人。今泉はデスソースを家に常備するほどだと言い、やる気満々。ワタリ119を隊長に、お笑いコンビの空気階段・鈴木もぐらとともに、25分での完食を目指す。


舞台となるお店は渋谷にある「Meat Bar Lis Bee」。激辛猛者たちのために開発されたという灼熱ホルモンライスは、ガーリックライス、チキン、ホルモンに青唐辛子、鷹の爪、一味唐辛子、カイエンペッパー、チリパウダーといった激辛スパイスはもちろん、タバスコの約600倍辛い「トリニダード・スコーピオン」、タバスコの約280倍辛い「ジョロキアソース」といった想像を絶する激辛調味料を使った料理。


まず、はじめに、一口食べたワタリ隊長は、あまりの辛さにせき込む。唐辛子を生で食べたことがあるという松本も一口食べると「辛い!」と口を押さえ、普段汗をかかない体質にも関わらず、おでこから大粒の汗が噴き出す。


ペースが上がらない一同の中、一人激辛に立ち向かうのは今泉。最初こそ、あまりの辛さに苦戦していたが、次第に慣れ始めついには「おいしいです!」と一言。


なんと今日に備え、デスソースがたっぷりかかった肉野菜炒めを食べて来たという気合いっぷり。その勢いにまかせ、開始10分で半分を完食。


松本も「激辛(を完食して)で皆さんを感動させる」と意気込むも、激辛ホルモンの前に惜しくもギブアップ。


一方今泉は、開始15分でホルモンを制覇し、3分の2に到達。そんな今泉の勇姿に感化され、ワタリともぐらも開始17分で3分の2を完食。


しかし、最後に残った難敵のガーリックライスには、全辛み成分がたっぷりとしみ込んでおり、これにワタリともぐらも全身汗びっしょり。辛さに慣れたはずの今泉も「舌と口のヒリヒリが止まらない」と悲鳴。


あと一歩で急ブレーキか?!と思われたが、決して手を止めない今泉。「(学生時代)路上ライブで人が集まらなかった時の辛さに比べたら余裕です!」とラストスパートをかけ、20分31秒で見事完食した。


体を張った松本と今泉が姉妹役で出演する『酔うと化け物になる父がつらい』は3月6日(金)より全国公開。


今泉佑唯インタビュー記事はコチラ▼

https://news.dwango.jp/moviestage/46768-2002


※本記事は掲載時点の情報です。