横浜流星“直輝”の復讐に協力する女性たち『シロクロ』新たなカット解禁

TV 公開日:2020/03/01 16
この記事を
クリップ

読売テレビ・日本テレビ系で日曜よる10時30分から放送中の日曜ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」より、本日放送第8話の新カットが解禁された。

本作で清野菜名は、囲碁棋士の川田レンと世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在【ミスパンダ】を、横浜流星は、大学で精神医学を学びながらメンタリストとして活動する一方、レン(清野)を操ってミスパンダに仕立て上げる【飼育員さん】でもある森島直輝を演じる。

先週放送の第7話は、コアラ男誘拐事件の犯人が直輝の父、森島哲也(田中圭)と報道される衝撃の展開で幕を閉じた。パンダの覆面をかぶった“ミスターパンダ”の存在が明らかとなり、このミスターパンダの存在とコアラ男誘拐事件の謎が、第8話では紐解かれていく。

これまでに、「しかし、よりによって、パンダとはな…。」(佐島・第1話)「久しぶりだな。パンダに会うのは。」(佐島・第6話)、「パンダは僕のヒーローなんだよ。」(直輝・第2話)と、“パンダ”との因縁がちりばめられてきたシロクロ。そして7話のラストで佐島の目前に登場した、パンダの覆面をかぶった謎の男、“ミスターパンダ”。第8話では人気YouTuber的存在であるミスパンダが“ジャイアントパンダ黄金伝説を追う”動画を配信。先輩!?である“ミスターパンダ”の秘密に迫るー。




そして、第8話では、直輝があずさ、レン、リコと彼をとりまく女性たちを復讐に巻き込んでいく。自分を誘拐した男が、直輝の父と発覚し、いよいよ直輝に利用されているのではと疑念を抱くあずさだが、それでも「直輝のためならなんでもするよ、私にも手伝わせて」と復讐に協力することを誓う。さらには、直輝に呼び出されたレンは、「直輝さんのためなら。」と復讐に協力することを約束。リコも、直輝の復讐に付き合うことを承諾する。

直輝は、父の死の真相を暴けるのか?第8話は、3月1日(日)夜10時30分。

第7話振り返り&第8話あらすじ

第8話新カットをもっと見る(全5枚)

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』
読売テレビ・日本テレビ系 毎週日曜よる10時30分~
出演:清野菜名 横浜流星 要潤 白石聖 山崎樹範 / 山口紗弥加 佐藤二朗

(C)読売テレビ


▼これまでの記事はこちら

横浜流星ニヤリ『シロクロ』怒涛の展開「誰が犯人でも後悔しないね?」 

『シロクロ』予想を超える衝撃展開、横浜流星“直輝”「最後にちゃんと…

横浜流星に見惚れて謎も吹っ飛ぶ?油断禁物の『シロクロ』

清野菜名×横浜流星『シロクロ』謎は消えまた生まれ…飼育員さん大ピンチ?

横浜流星“飼育員さん”もう顔バレ、闇深い『シロクロ』衝撃展開が加速 

横浜流星のイケメンぶりと謎が大渋滞 『シロクロ』第2話は… 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)