三浦大知『A-Studio』出演決定、「Folder」が20年ぶりに再結集

TV 公開日:2020/02/29 15
この記事を
クリップ

3/6(金)に放送されるTBS系『A-Studio』に三浦大知が2017年3月の出演以来、約3年ぶりに出演することがわかった。

前回の出演から3年、今回注目となるのは、三浦がデビューした際に所属していたダンス&ヴォーカルグループ「Folder」の再結集だ。




2000年に当時12歳であった三浦の変声期をきっかけに事実上の解散をしてから約20年振りの再会。収録に先立っての、MC笑福亭鶴瓶による事前取材でFolderの三浦を除くAKINA、ARISA、HIKARI(満島ひかり)、NATSU、MOE、JOEの6人が三浦のために再結集。今ではなかなか語ることのない当時の思い出やエピソードを、鶴瓶がメンバーから取材してきた内容を基に語っている。

また、今回歌唱を披露する楽曲は1月15日(水)に発売されたばかりの新曲『I’m Here』。なんでもA-Studio仕様のスペシャルなパフォーマンスとなっているようなのでこちらも要注目だ。

同曲は現在放送中のTBS系金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』の主題歌となっており、救急救命医であり、僧侶であるという伊藤英明演じる主人公、松本照円を中心に「生きること」と「死ぬこと」、「命」の尊さを考えさせられる内容に優しく寄り添う楽曲となっている。三浦の出演する3月6日(金)の『A-Studio』放送前の22時から第7話が放送される。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)