こんな横浜流星みたことない…闇黒の淵をさまよう『シロクロ』新カット解禁

TV 公開日:2020/02/29 29
この記事を
クリップ

読売テレビ・日本テレビ系で日曜よる10時30分から放送中の日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』より、第8話先行カットが解禁された。

ダブル主演をつとめるのは、清野菜名と横浜流星。清野菜名は、囲碁棋士の川田レンと世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在【ミスパンダ】を、横浜流星は、大学で精神医学を学びながらメンタリストとして活動する一方、レン(清野)を操ってミスパンダに仕立て上げる【飼育員さん】でもある森島直輝を演じる。

第7話では、リコがレンとして生きることになったきっかけとなった10年前のバンガロー放火事件の犯人が、なんと母親である麻衣子(山口紗弥加)であることが発覚。さらに、門田先生(山崎樹範)の殺害の犯人までもが麻衣子であることが明らかになった。麻衣子は、双子の育児への行き詰まりから、育てやすかったレンを溺愛した挙句、レンとリコの双子の入れ替わり論文が発表されると、完全にレンが消えてしまうことがわかり、門田先生を殺害してしまったのだった。

そして、第7話のラストには新展開が。コアラ男の誘拐事件の犯人が直輝の父、森島哲也(田中圭)と報道されることとなる。パンダの覆面をかぶったミスターパンダの存在が明らかとなり、このミスターパンダの存在とコアラ男誘拐事件の謎が、第8話では紐解かれていく。




闇落ちし、慟哭した横浜流星の演技が、「こんな横浜流星みたことがない」「心が苦しくなる」と話題になったが、第8話では、さらに闇黒の淵をさまようことになる直輝。神代(要潤)のスクープに激しく憤り、父の復讐を果たすため、Mr.ノーコンプライアンスであり大臣でもある佐島(佐藤二朗)と直接対決。彼に救いの手は差し伸べられるのか。

第8話は、3月1日(日)夜10時30分から。

【写真】その他の第8話先行カットを見る


<第8話みどころ>
8年前にあずさ(白石聖)を誘拐したコアラ男の正体が哲也(田中圭)だと断定する神代(要潤)のスクープに、激しく憤る直輝(横浜流星)。神代は直輝に、佐島(佐藤二朗)から証拠を得たと告げる。直輝は佐島が哲也を殺したと考え、佐島に疑いをぶつける。すると佐島は、自分でシロクロつければいいと直輝を挑発。直輝は、佐島を追い詰めるための証拠探しに奔走する。レン(清野菜名)は、麻衣子(山口紗弥加)と拘置所で面会。麻衣子はレンに、今すぐ直輝を殺すようにと言う。レンは、麻衣子がなぜそんなことを言うのかと苦悩を深める。


『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』
読売テレビ・日本テレビ系 毎週日曜よる10時30分~
出演:清野菜名 横浜流星 要潤 白石聖 山崎樹範 / 山口紗弥加 佐藤二朗

(C)読売テレビ


▼これまでの記事はこちら

横浜流星ニヤリ『シロクロ』怒涛の展開「誰が犯人でも後悔しないね?」 

『シロクロ』予想を超える衝撃展開、横浜流星“直輝”「最後にちゃんと…

横浜流星に見惚れて謎も吹っ飛ぶ?油断禁物の『シロクロ』

清野菜名×横浜流星『シロクロ』謎は消えまた生まれ…飼育員さん大ピンチ?

横浜流星“飼育員さん”もう顔バレ、闇深い『シロクロ』衝撃展開が加速 

横浜流星のイケメンぶりと謎が大渋滞 『シロクロ』第2話は… 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)