トータス松本、朝ドラ「おちょやん」ヒロインの父親役で出演決定

TV 公開日:2020/02/28 9
この記事を
クリップ

昨年10月に配信リリースされた、ウルフルズの最新楽曲「続けるズのテーマ」。こちらの楽曲にちなんだオリジナルアナログゲーム、その名も“続けるッパゲーム”の販売が最近スタートするなど、エンターテイナーとして話題が事欠かないウルフルズ。
そんなウルフルズのトータス松本(Vo./Gt)が、2020年度後期連続テレビ小説「おちょやん」に出演することが決定した。役どころは、既にヒロイン役として発表されている杉咲花が演じる竹井千代の父親、竹井テルヲ役。トータス松本がNHK連続テレビ小説へ出演するのは今回が初となる。

2020年度後期放送の連続テレビ小説 第103作「おちょやん」は、女優の道を生き抜き、「大阪のお母さん」と呼ばれるようにまでなった、ひとりの女性の物語。大阪の南河内の貧しい家に生まれた少女が、奉公に出ていた道頓堀でお芝居のすばらしさに魅了され、女優の道を目指す。
連続テレビ小説「おちょやん」は、2020年9月28日(月)より放送開始予定。今後のバンド活動と共に、トータス松本の新たな活躍に注目だ。

【番組情報】
NHK 2020年度後期連続テレビ小説「おちょやん」
放送予定:9月28日(月)~2021年3月

<トータス松本 役どころ>
ヒロイン・竹井千代の父/ 竹井テルヲ役
養鶏で生計を立てているが、鶏の世話や家事も娘の千代にまかせっきりの駄目な父親。見えっ張りだが気が弱く、世渡り下手。しかし、口は達者で女性にはモテる。千代にとっては、憎みきれないトラブルメーカーであり続ける。


※本記事は掲載時点の情報です。