横山裕、日本の“子育て”について考える「少しでいいから感じ取り行動に移してほしい」

TV 公開日:2020/02/27 6
この記事を
クリップ

2019年11月に始まった「#もしかして…虐待を考えるキャンペーン」。2月は、総合、Eテレ、ラジオ、とNHKのメディアを横断して、さまざまな番組で子どもの虐待について取り上げる。

そして、キャンペーンの集大成となる特集番組『#もしかしてしんどい?~虐待を考えるキャンペーン特番~』が、2月29日(土)Eテレ 午後9:00~9:59に放送される。横山裕、向井慧、眞鍋かをり、杉山春が出演。


本番組では視点を広げ、虐待が起きる背景に目を向ける。「もしかしたら、自分も虐待をしてしまっているのではないか」と思い悩む親は少なくない。NHKの子育て番組には、そんな親の声が多く寄せられている。

今、日本の子育てに何が起きているのか?親たちが感じている息苦しさを明らかにし、子育てを家庭という閉鎖した空間から、社会に開いていくことの必要性を訴える。子どもだけでなく、親も「助けて」と言える社会になるためにできることを考える。


<番組MC:横山裕メッセージ>

自分のためにもなりましたし、すごく考えさせられる収録でした。この先僕に子どもができた時、奥さんである「お母さん」が甘えられる手立てを作ってあげることが大事だと思いました。お母さんは、みんな「完璧にしなきゃ」「子どもの成長が自分の一言で決まっちゃう」って思いながら育てていて、誰にも甘えられないでいる。でも本当はそうじゃなくて、「みんなで育てていくんだ」と、ゆとりを持つことが大事なんだと知ることができました。みんな初めてお母さんやってるんですから、できなくて当然。子どもや父親と一緒に成長していけばいいんだと思いました。そのためには、周りの理解と協力が必要ですよね。この番組を通じて、父親が「子育てってこんなに大変なんだ」って、少しでいいから感じ取り行動に移してほしいなと思いました。


■Eテレ『#もしかしてしんどい?~虐待を考えるキャンペーン特番~』
2月29日(土) 午後 9 : 00 ~ 9 : 59 放送
出演:横山裕(関ジャニ∞)、向井慧(パンサー)、眞鍋かをり、杉山春(ルポライター)


【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。