富田望生、中村倫也主演ドラマで体を張った食べっぷり

TV 公開日:2020/02/25 7
この記事を
クリップ

2020年4月スタートの新ドラマ、『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系・毎週日曜22:30~23:25)に富田望生が出演することが発表された。

今作は、大ヒットメーカー・東村アキコの初サスペンス漫画が原作で、中村倫也がGP帯初主演の連続ドラマ。探偵・明智五郎(中村倫也)が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼へと変貌する主婦と対決する“恋する毒殺サスペンス”という内容だ。

主人公・明智五郎の相棒・小林苺役を、日テレドラマ初出演となる小芝風花が演じる。小林苺は、移動販売のワゴン車で美味しい弁当を売りながら、常連客である明智に巻き込まれて、いつのまにか、探偵の助手をさせられてしまう役柄。また、明智と禁断の愛で惹かれ合う連続殺人鬼・自称“マグダラのマリア”役は小池栄子。明智との出会いをきっかけに、連続殺人鬼へと変貌してしまう主婦という役どころ。また、明智を邪魔者扱いするくせに、結果助けられてしまうちょっと残念な警視庁のベテラン警部・上遠野役には、北村有起哉、明智の大ファンで、捜査内容を明智にペラペラしゃべってしまう新米エリート刑事・高橋役には劇団EXILEの佐藤寛太が決定している。

アダムとイブの禁断の果実か、毒殺の暗示か、林檎を手にしたキャストのビジュアル写真でも話題の本作。今回、食べることが何より好きで大食いの苺(小芝風花)の親友役に、富田望生が決定した。




桃子(富田望生)は、苺(小芝風花)の幼馴染で親友。ピーチ不動産社長の一人娘で、家は超お金持ち。そして、大食いで、食べることが何より好き。明智(中村倫也)に負けず劣らず食に詳しい。苺と明智の関係に興味津々で、何かと世話を焼こうとする、という役どころ。

「ODEN」というロゴとおでんのイラストがプリントされた衣裳で、写真撮影に臨んだ富田。食べることが何より好きというだけあって、桃子の衣裳は基本的にどれも食べ物が描かれているという。そんな桃子役について富田は、「存在感があるような……ないような……(笑)良い意味でどちらにも当てはまるスピード感を持ち合わせ」ているとコメント。

なお、本日(25日)は富田の20歳の誕生日。桃子役が、20歳になって初めてのGP帯連ドラレギュラー出演となるが、「皆さんに面白がってもらえるよう、とことん真面目に走ろうと思います」と意気込む。そんな富田の活躍に期待しよう。


<富田望生 コメント>
苺の親友“桃子”を演じます、好きな食べ物は桃の富田望生です。存在感があるような……ないような……(笑)良い意味でどちらにも当てはまるスピード感を持ち合わせた彼女を生きる時間は、様々なギャップを楽しみながら、新しい価値観を開拓している感覚です。苺のそばに生まれたからには、皆さんに面白がってもらえるよう、とことん真面目に走ろうと思います。お楽しみに!


<情報・制作局 荻野哲弘プロデューサーコメント>
東村アキコさんの原作では、番外編『美食探偵助手 小林苺』に登場するのが、小芝風花さん演じる小林苺の親友“桃子”です。ピーチ不動産の社長の一人娘で、お金には困らないので働かず食べてばかりなのに、やたら洞察力の鋭い桃子のキャラクターに魅了され、ドラマでは毎回登場していただくことに。イメージキャストは最初から富田望生さんでした。当初は苺の話し相手という役割を想定していましたが、富田さんが演じて下さる喜びで、親友・苺の危機には颯爽と登場するという、原作にはない役割も入れ込ませていただいています。撮影初日から、かなりの量のパンケーキを食べて下さった富田さんの、体を張った食べっぷりと、食べ物のイラスト入りの衣裳を見事に着こなすチャーミングさに是非ご注目下さい。


■2020年4月期日曜ドラマ 
『美食探偵 明智五郎』
日本テレビ系レギュラー放送枠 毎週日曜22:30~23:25
※スタート日未定

書影:原作「美食探偵-明智五郎-」東村アキコ(集英社「ココハナ」連載)
Ⓒ東村アキコ/集英社

(C)日本テレビ


   

この記事の画像一覧 (全 4件)