元乃木坂46若月佑美、自分が出演しないシーンで思わず涙…アイドル役への共感と違い明かす

TV 公開日:2020/02/23 5
この記事を
クリップ

優れたシナリオ作品を発掘し、新人脚本家の育成を目的に創設された「WOWOW新人シナリオ大賞」。応募総数413編の中から大賞に輝いた光益義幸氏の『父と息子の地下アイドル』が2月23日(日・祝)夜10時よりWOWOWプライムにて放送される。

交通事故で植物状態になってしまった息子に代わり、地下アイドルグループをプロデュースすることになる中年高校教師の主人公、千堂を演じるのは『孤独のグルメ』シリーズやTBS新春ドラマ特別企画『あしたの家族』などに出演し、映画やドラマ、舞台など様々な分野において個性的な存在感で魅了する名優・松重豊。地下アイドルという特殊な世界に戸惑いながらも奮闘する姿を描く。




主人公がプロデューサーになるきっかけとなった彼の息子・勝喜役に、映画やドラマなどに出演が相次ぐ注目の若手俳優、井之脇海。父親との確執に葛藤する繊細な音楽青年を演じる。アイドルグループ「オトメがたり」のリーダー・椎奈役には元・乃木坂46の若月佑美。同グループのメンバーにはジュノンガールズコンテストのファイナリストをきっかけにデビューした今期待の若手女優・芋生悠と初めてヒロインを演じる映画『踊ってミタ』の公開が控える加藤小夏といった、次世代を担う注目女優たちが揃う。

周りを固めるキャストにも、今井悠貴、遠藤久美子、鶴田真由、瀧本美織、深水元基ら豪華俳優陣が揃い、ドラマを盛り上げていく。

そして、「オトメがたり」のライバル役としてFES☆TIVEの出演が決定。2019年、代表曲『OIDEMASE!!~極楽~』の動画がSNSで広く拡散され、今月度の日本テレビ系列『ウチのガヤがすみません!』エンディング曲にも起用され注目を集めている。今回、本人役として出演し代表曲でライブも披露する。

劇中では、楽曲にもこだわった本格的なライブが繰り広げられ、エネルギッシュなシーンが満載。熱血プロデューサーと地下アイドルが織り成す、音楽青春ドラマだ。監督は井浦新と大橋彰(アキラ100%)が兄弟役を演じたことで話題になった映画『こはく』を手掛けた横尾初喜。

先日も劇中アイドル「オトメがたり」によるSHOWROOMで2万超えの視聴数を記録。ファンからの期待の声をひっさげ、いよいよ今夜放送。


<松重豊 コメント>

――かつては熱血教師だったものの、今の子供たちには通用しないと 半ばあきらめの日々を送っていた中、突然息子に代わり地下アイドルをプロデュースすることになる千堂を演じられます。大胆な挑戦をする役どころでしたが演じてみていかがでしたか?

教師というお仕事、そして現実の教育現場が、いかにムズカシイ時代になっているか実感しました。この物語は定年間際の教師のファンタジーです。現実はそんな夢物語でないことは分かっています。そんなオッサンの無謀な挑戦にしばしお付き合いください。

――本作『父と息子の地下アイドル』の魅力は、どんなところにあると思いますか?
この作品の主役は若い皆さんだと思っています。ひとりひとりが生き生きと輝いて見える瞬間が全てです。彼ら彼女らの瞳を通して、何が見えてくるかを楽しんでくだされば幸いです。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)