『恋つづ』清原翔が登場、佐倉と天堂の仲を「ごちゃごちゃさせる」

TV 公開日:2020/02/25 48
この記事を
クリップ

TBSで毎週火曜よる10時から放送中の火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(恋つづ)に、第7話から清原翔が出演。七瀬と天堂の関係を揺るがす人物となりそうだ。

原作は小学館「プチコミック」で掲載されていた円城寺マキによる同名漫画で、女性を中心に圧倒的な支持を得ている大人気の胸キュン♡ラブストーリー。ある日、偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会った主人公・佐倉七瀬(上白石萌音)。それから5年、彼を追い看護師となった七瀬は、憧れの医師・天堂浬(佐藤健)とついに再会する。しかし・・・天堂は七瀬が思い描いていた人物とはまるで別人だった! 周囲から「魔王」と恐れられている超ドSな天堂に憤慨しつつも、それでも好きな気持ちは変わらず仕事に恋にまっすぐな七瀬は、その根性で次々に起こる困難に食らいついていく。その姿は、まさに「勇者」。そんな七瀬を思わず応援したくなる、見ていて元気が出てくるストーリー。

今夜10時から放送の第7話から清原翔が出演することが決定した。清原が演じるのは、難しい症例の病を抱え、日浦総合病院に入院してくる上条周志(かみじょう・ちかし)。


上条はある日、街中でひょんなことから七瀬と知り合う。その時に起こったアクシデントがきっかけで、七瀬が看護師であることを知った上条は、特別室のVIP待遇で日浦総合病院に入院してくる。大企業の社長の御曹司である上条は、七瀬を自分専属の看護師に指名してきて・・・。

男性ファッション誌「MEN'S NON-NO」の専属モデルとして人気の清原は、CMや映画、ドラマにも出演し、昨年放送のNHK連続テレビ小説『なつぞら』でヒロインの兄を演じて一躍注目の存在となった。現在も数々の作品に出演するほか、情報番組でプレゼンターに就任するなど活躍の幅を広げている。そんな清原が今作で演じる上条は、七瀬と天堂の関係を揺るがす存在に!?上条の言動、そして今後の展開から目が離せない第7話は今夜10時放送。

<清原翔 コメント>
TBSのドラマには何度かゲストで出演させていただいているのですが、みなさんに雰囲気をよくしていただいて、今回もとても入りやすい現場でした。それは、演技にも反映されていると思います。恋愛ドラマはあまりやったことがないので、新鮮な気持ちで挑めているような気がしています。七瀬役の上白石萌音さんは、誰にでも気さくに接していて、礼儀正しくて育ちの良さが出ていて、素直にいい人だなって思いました。患者がナースに恋をする設定は、ないことはないなと思いました(笑)。優しいし、ある程度の身の回りのことをやってくれて、惚れてしまう気持ちはわかります(笑)。天堂役の佐藤健さんは、いろんな作品を見させていただいていたすごい方なので、とても緊張しました。第7話から、七瀬ちゃんと天堂先生の仲をごちゃごちゃさせる役をやらせていただきます。楽しんでやらせていただいています。みなさまぜひご覧ください!


(C)TBS


▼天堂先生の”寝たふりキス”についてはこちら

『恋つづ』佐藤健の“寝たふりキス”に大興奮「これは反則」「キスの仕方が…」


▼チョココロネについてはこちら

佐藤健“天堂先生”の異変に「可愛すぎ」の声 いつもと少し違った『恋つづ』


▼あわせて読みたい

佐藤健ともう1つの“沼”?絶妙なタイミングで流れる『恋つづ』主題歌


▼「これは治療だ」についてはこちら

『恋つづ』佐藤健の不意打ち“治療”(キス)に騒然、キュン患者続出


▼圧巻のベンチシーンについてはこちら

『恋つづ』佐藤健 ベンチシーン圧巻の表情に反響「目の演技最高」


▼「お前は・・・天堂担だろ?」についてはこちら

佐藤健、カッコよすぎる一言に“天堂担”希望者が続出


▼舞台挨拶の模様はこちら

佐藤健、上白石萌音とドSの応酬「自覚あるでしょ?」「片鱗感じます」

渡邊圭祐、学生時代に目指していた職業明かし佐藤健らも驚き 




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)