佐野勇斗&飯豊まりえの恋模様がトレンド入り、後半の衝撃展開にコメント殺到

TV 公開日:2020/02/21 14
この記事を
クリップ

佐野勇斗と飯豊まりえW主演のドラマ『僕だけが17歳の世界で』(AbemaTV)の第1話が2月20日に放送された。

本ドラマは、幼馴染の航太(佐野勇斗)と芽衣(飯豊まりえ)が、お互いに“好き”という気持ちに気づくも、想いを伝えることなく突然航太が亡くなってしまい、季節外れの桜が咲く期間だけ戻ってくるファンタジー・ラブロマンス。


【写真をみる】佐野勇斗 “キュンとくる告白の仕方” を明かす


誠実でピュアな航太と曲がったことが嫌いな芽衣は、家が隣でずっと一緒に過ごしてきた幼馴染の高校二年生。お互いに好きという気持ちに気づくも想いを中々伝えられずにいた。

ある日芽衣の提案で、クラスの仲良しメンバーである航太・伊織(結木滉星)・はるか(大友加恋)・亮平(渡辺佑太朗)を誘って流星群を見に行こうと誘う。しかし夕方になると雨が降ってしまい結局中止に。あきらめきれない芽衣は航太を夜中に誘いだし学校の屋上で2人で見ることになると、そこで思わぬ急展開が起きて・・・。

幼馴染という絶妙な距離感が急に進展する瞬間に、視聴者からは、「こんな幼馴染欲しかった・・」「航太と芽衣が可愛すぎる」「ドキドキ感がたまらない!!」「屋上のシーン心臓止まるかとおもった!!」など興奮ぎみのコメントがAbemaTV内のコメント欄とSNS上に数多く投稿された。多くのコメントが寄せられたこともあり、TwitterのJapanのトレンドにもランクインし、さらにザテレビジョンが独自に調査している『視聴熱』にも放送終了後ランクインするなど、思わず感想を投稿する視聴者が多くみられた。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)