橋本マナミ、夫は理解あるパートナー「主人はグラビアも女優もOK」

TV 公開日:2020/02/21 6
この記事を
クリップ

現在放送中の小澤征悦主演のドラマ『パパがも一度恋をした』(毎週土曜23時40分~/東海テレビ・フジテレビ系)にて、22日放送の第4話エピソードゲストに橋本マナミが出演することがわかった。




【写真をみる】橋本マナミ、30秒生着替えに大慌て「ちょっと待って!」

橋本が演じるのは、小澤征悦が演じる吾郎の父・タロスケ(麿赤兒)の従兄弟・菊三(大久保鷹)の娘で、シングルマザーの片瀬ナナ役。仕事で多忙なナナが海外出張の間、タロスケがナナの娘・りの(粟野咲莉)を預かることになり、母の不在を淋しがるりののため奔走する吾郎、りのとナナの愛情を見ておっさん多恵子(塚地武雅)と自分の絆を再確認していくトモ(福本莉子)の姿を描くヒューマンストーリーだ。

撮影現場では、監督と話し合いを重ねながらナナの心の機微を作りあげた橋本。昨年11月に結婚を発表し、理解あるパートナーを得てさらに女優業にも磨きがかかる彼女に、今回の役どころと知られざるプライベートについて話を聞いた。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 9件)