『シロクロ』これまでの謎を整理、清野菜名&横浜流星の名場面含むダイジェスト公開

TV 公開日:2020/02/20 20
この記事を
クリップ

読売テレビ・日本テレビ系で放送中の日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』。

清野菜名が、囲碁棋士の川田レンと世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在【ミスパンダ】を、横浜流星は、大学で精神医学を学びながらメンタリストとして活動する一方、レン(清野)を操ってミスパンダに仕立て上げる【飼育員さん】でもある森島直輝を演じている。




16日に放送された6話のラストでは、ミスパンダの「私は、川田リコ・・・」という衝撃的な言葉が飛び出し、後半に向けストーリーが大きく動き始めたシロクロ。これから物語は核心に迫っていく。

そんな中、第1~6話までのストーリーを1本にまとめたSPダイジェスト動画がYouTube日テレ公式チャンネルに公開。6話までのストーリーが20分で整理されているこの動画を見れば、これまでの放送で明らかになったこと、まだ明かされていない謎の復習が出来る。

さらに、心をときめかせる胸キュンシーン、息をのむアクションシーンなどシロクロの名場面を一気に楽しむことも。シロクロは見ていたけど一度謎を整理したい人という方の復習に、さらには、これからシロクロを見ようという方の予習に、ぴったりだ。

また、YouTube日テレ公式チャンネルでは2本メイキング動画も追加公開。メイキング第1弾は、70万回再生され、人気コンテンツ。撮影の裏側の素顔をのぞけるスペシャルコンテンツとなっているので、ダイジェスト動画と合わせてチェックしてみよう。

今週の放送では、自身の意識を取り戻したリコが、直輝に門田殺害の犯人を見つけて欲しいと頼む。果たして門田を殺害した犯人は誰なのか?レンとリコはどうなっていくのか?今後の展開から目が離せない。第7話の放送は、2月23日(日)夜10時30分。


『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』
読売テレビ・日本テレビ系 毎週日曜よる10時30分~
出演:清野菜名 横浜流星 要潤 白石聖 山崎樹範 / 山口紗弥加 佐藤二朗

(C)読売テレビ


▼これまでの記事はこちら

『シロクロ』予想を超える衝撃展開、横浜流星“直輝”「最後にちゃんと…

横浜流星に見惚れて謎も吹っ飛ぶ?油断禁物の『シロクロ』

清野菜名×横浜流星『シロクロ』謎は消えまた生まれ…飼育員さん大ピンチ?

横浜流星“飼育員さん”もう顔バレ、闇深い『シロクロ』衝撃展開が加速 

横浜流星のイケメンぶりと謎が大渋滞 『シロクロ』第2話は… 







※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)