賀来賢人、山本舞香に全力で首絞められるも称賛「本当に現場のヒロイン」

TV 公開日:2020/02/20 6
この記事を
クリップ

2月下旬よりMBS/TBSドラマイズム枠で放送されるドラマ『死にたい夜にかぎって』の1話先行試写会が19日、東京・代官山の蔦屋書店で行われ、主演の賀来賢人、メガホンをとった村尾嘉昭監督、脚本を担当した加藤拓也氏、原作者の爪切男氏、エンディング主題歌を書き下ろしたBiSHのアイナ・ジ・エンドが出席した。




本作、原作者・爪切男氏本人のまさかの実体験エピソードを書いた同名小説を実写ドラマ化したもので、幼くして母に捨てられた男・小野浩史(賀来)が、さまざまな女たちとの出会いを通じ、ときにぶつかり合い、たまに逃げたりしながら、少しずつ笑顔を取り戻して行く、悲しくもユーモアあふれる物語。

そんな本作のドラマ化を熱望したという村尾監督は「溝の口の本屋さんで(原作を)手に取って、最初の学校のブロックを読んで面白すぎて、すぐ企画書を書きました」と打ち明け、どうすれば原作権を取れるのか考えた末、爪氏が出演したトークイベントに会いに行ったそうで、爪氏は「サウナにみんなで入ろうというよくわからないイベントに呼ばれていて、予約者は1人しかいない集会だったのに、村尾さんがいらっしゃって…」と回顧。

続けて爪氏は、ドラマ化されることはドッキリだと思ったそうで「サウナで一緒に服を着ていない状態でオファーをいただいたので、こういうオファーもあるんだなって思いました。そのときから熱意は感じていたので、気にはなりましたね」と語り、主演を賀来が務めると聞いた際は「ずっとドッキリが続いていましたね。裸でオファーしてきて、2回目に会ったときに『賀来賢人で行きます』って言われたときは、頭のやべえ人だなって思いました(笑)」と告白して会場の笑いを誘った。

また、賀来も10年来の知人である村尾監督から熱烈なオファーをもらったそうで「こんなに熱烈なのは初めてですよ。あの手この手を使って、マネージャーさんが困る困る(笑)」と笑い、「どんな作品か知らなかったんですけど、とにかく“何か”やりたいということは外から聞いていて、その“何か”ってなんなんだろうって思って、やっと(村尾監督と)繋がって『読んでみて』って言われたのが今回の作品です」とコメント。

最初に原作を読んだ際は、実話だと思わなかったそうで「普通のラブストーリーとか男女の話って、ご都合主義なところがあるじゃないですか。それが今回まったくなかったので即答でしたね」といい、原作を読んでの感想を聞かれると「ハードというか、関わる人も破天荒ですし、浩史という人自体も、絶望的なことが自分に起きていようが“まっ、いいか”精神で乗り越えてしまう。それを赤裸々に、悲劇を喜劇に変えて書いている爪さんのお顔を想像して、どんな人なんだろうって興味が湧きました」と目を輝かせた。

また、原作を脚本に落とし込む際にこだわった点を聞かれた加藤氏は「村尾さんからお話をいただいて、僕はもともと原作を知っていたから『原作が好き』って話から始まって、『原作を大事にしような』って話をして、決定稿を書き終えたあとに爪さんと初めてお会いしたんですけど、そのときに第一声目で『原作に忠実にするのはちょっとね』って言われてビックリしましたね」と苦笑し、その後、どうしたのか追求されると「“決定稿やし知らんわ”って思ってまあええかって。でもご本人の体験談ということで、変にいじくり回すのも違うかなという思いもあったので、そこは大事にしたいなと思いました」とこだわりを明かした。

さらに、TSUTAYAプレミアム限定で独占配信される特別編『あとがき』について村尾監督は「車椅子のミキさんという、爪さんが1番大切にされているエピソードで、爪さんの初体験の話です」と紹介し、「すごくいい話で、ミキさんが太くかっこいい生き方で、爪さんの初体験の話もすごく感動的で、めちゃくちゃ大事なエピソードで、(山本舞香が演じるヒロインの)アスカと浩史のその後もあって感動するので、特別編は絶対に見ていただきたいです」とアピールした。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)