GENERATIONS佐野玲於、片寄涼太ファンへの神対応に賞賛の声

TV 公開日:2020/02/19 16
この記事を
クリップ

GENERATIONS from EXILE TRIBEのレギュラー番組『GENERATIONS高校TV』(AbemaTV)の2月16日の放送回で、昨年11月21日に大阪で行われた、GENERATIONSのデビュー7周年記念イベント当日のメンバーに密着した模様が放送された。


【写真をみる】片寄涼太「振られると辛いですね…」傷心の理由とは?

メンバーと視聴者へのお土産選びをしていた福岡県担当の佐野玲於は、お土産を買う前にパルコのCDショップに足を運び、同日に発売された6枚目のアルバム『SHONEN CHRONICLE』のPOP作成を開始。さらに、だんだんと火が付いてきた佐野は、店員と同じエプロンを着用し、マイクパフォーマンスをしながら1日店長として自らアルバムを売り込むことに。すると、そんな佐野の前にGENERATIONSのファンという女性が登場。「片寄涼太さんのファン」と言うその女性に対し、思わず「ふざけんなよ(笑)」と答える佐野だが、自らの携帯電話を取り出し「ちょっと電話してやるよ」と、女性の目の前で片寄に電話をしてあげるという神対応ぶりを見せた。

早々とミッションをクリアしたメンバーたちがお土産探しに没頭するなか、東京から1番遠い広島県を担当する白濱亜嵐は、未だ最初のミッションに大苦戦。場所を商店街に変えますが、「デビュー日」までは出てくるものの、「7周年」と答えられる人が現れず悔しい表情を滲ませた。しかし、そんな白濱の元に突如インスタグラムを見たというファンが現れ、なんとかミッションを成功することができた。一方、名古屋担当の関口メンディーは、名古屋城から若者の多い商店街に移動するが、あえて若者に声をかけないと宣言し自分の首を絞めるはめに。

その様子を見守っていたメンバーからは、思わず「(グッズの)パスケース持ってる人もいるんだよ!?」「聞けよ!」と、大ブーイング。しかし”あくまで若者以外で”と話した直後、目の前にいた学生に声をかけ、無事にミッションをクリア。安堵の表情を見せた。この関口の茶番ともとれる一連の流れに呆れ返るメンバーたちに対し、関口は「最終的にはイベントに行きたかった」と思いを語りますが、小森隼が「すみません、全部カットでお願いします」と返し、スタジオの笑いを誘った。

こうして、見事全てのミッションを成し遂げたメンバーたちは、イベント会場のある大阪に集合。イベントでは、アルバムの中から『DREAMERS』と『EXPerience Greatness』を披露した。



■AbemaTV『GENERATIONS高校TV』
放送日程:2月16日(木)夜9時~夜10時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
出演者:GENERATIONS from EXILE TRIBE

(C)AbemaTV


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)