劇場版第2弾公開直前、未ソフト化の「コンフィデンスマンJP 運勢編」発売決定

TV 公開日:2020/02/19 6
この記事を
クリップ

映画『ALWAYS 三丁目の夕日』やドラマ『リーガル・ハイ』の古沢良太氏が脚本を手掛けた『コンフィデンスマンJP』シリーズで、未ソフト化だった「運勢編」がついにBlu-ray・DVDとなって、4月29日(水)に発売されることがわかった。




本シリーズは、コンフィデンスマン(信用詐欺師)の長澤まさみ演じるダー子、東出昌大演じるボクちゃん、小日向文世演じるリチャードの3人が、欲望だらけの悪徳企業からお金を騙し取る痛快コメディ。

昨年5月に公開された劇場版第1弾「ロマンス編」は、興行収入29億7,000万円の大ヒットを記録し、今年5月1日には劇場版第2弾「プリンセス編」の公開が控えている。

今回発売される「運勢編」は、「ロマンス編」公開翌日に、フジテレビ開局60周年特別企画スペシャルドラマとして放送された完全新作ドラマ。レギュラー出演陣に加え、北村一輝、広末涼子、中山美穂、船越英一郎など、これまでのシリーズ同様、豪華なゲスト陣が出演し、大きな話題を呼んだ。

Blu-rayとDVDのセル商品には、音声特典として副音声企画「五十嵐のスウィートルーム」などが収録予定となっている。「プリンセス編」公開を前に、シリーズ作品を見直してみてはいかがだろうか。