佐野勇斗 飯豊まりえW主演ドラマ、挿入歌にMACO描き下ろし楽曲

TV 公開日:2020/02/18 5
この記事を
クリップ

「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、2020年2月20日(木)夜11時より放送を開始する、佐野勇斗、飯豊まりえW主演・最新オリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』の挿入歌を、MACOの『桜の木の下』に決定したことを発表した。




『僕だけが17歳の世界で』は、幼馴染の航太(佐野勇斗)と芽衣(飯豊まりえ)が、お互いに“好き”という気持ちに気づくも、想いを伝えることなく突然航太が亡くなってしまい、季節外れの桜が咲く期間だけ戻ってくるファンタジー・ラブロマンス。

このたび挿入歌を歌うMACOは、ラブソングを中心に共感を呼ぶ歌詞と歌声で、10代~20代に絶大な人気を誇るシンガーソングライター。インディーズ時代にリリースされたミニアルバム『22』は、iTunes総合アルバムチャートで1位を獲得。メジャーデビュー後もデビューから3作全てで1位を獲得し、さらにはYouTubeの総再生回数が日本人アーティスト最速で約1億回を超えるなど、SNSを中心に大きな注目を集めている。

そんな彼女が歌う本ドラマの挿入歌『桜の木の下』は、ドラマのために書き下ろされた楽曲で、近くにいた時には気づくことができず、離れることを予感した時に初めて気づく大切な人への想い、離れ離れになってもその人と出会えたことを糧に、前へ進もうとする気持ちなど、本ドラマの主人公である航太と芽衣の切ない心情を歌いあげている。

挿入歌決定を受けてMACOは、「今回藤野さんのドラマに曲を書き下ろすということは、MACOにとってとても大きな出来事でした。私が毎週楽しみにしていたドラマのほとんどが、藤野さんの作品だったから。制作中は2人が自分に憑依してるんじゃないかというくらい2人の世界に入り込んで作詞作曲したので、とっても切なくて泣きそうになりながらレコーディングしましたね。色んな想いがこもった一曲になりました。『桜の木の下』がドラマの場面に桜を咲かすことが出来ますように。みんなの耳だけじゃなく心の中にも長く留まってくれますように。」、プロデューサーの藤野良太は、「MACOさんと出会って4年。いつか縁が重なればいいなと思っていましたが、ようやくこの作品で実現することができました。初めて曲を聴いた時、ドラマの世界観と完璧にハーモニーを奏でる歌詞とメロディに心震えました。ドラマと共にこの曲が聴く人の心に花を咲かせ、日々を彩ることを心から願っています。」と、それぞれコメントを寄せている。

『恋仲』(フジテレビ系)や『好きな人がいること』(フジテレビ系)など、数々の恋愛ドラマでヒット作品を手がけたプロデューサー・藤野良太と、女子中高生(15歳~19歳の女性)の3人に2人が見ている人気恋愛リアリティーショーシリーズを制作している「AbemaTV」が共同制作する恋愛ドラマ『僕だけが17歳の世界で』は、若者たちへ王道の「恋愛ドラマ」を、“ドラマ”だからこそ出来る憧れのシチュエーションや設定を描き、“恋愛リアリティーショー”のような若者たちの等身大で揺れ動く心をリアルに描いた作品としてお届けする。2020年2月20日(木)夜11時より放送を開始。


<MACOコメント>

今回藤野さんのドラマに曲を書き下ろすということは、MACOにとってとても大きな出来事でした。私が毎週楽しみにしていたドラマのほとんどが、藤野さんの作品だったから。今回『僕だけが17歳の世界で』の台本が出来上がる前の段階で、物語の内容と役柄の特徴や2人のキーワードとなる場所を細かく聞いて、そこに佐野さんと飯豊さんの姿を頭の中で当てはめながら歌詞を書き下ろしました。制作中は2人が自分に憑依してるんじゃないかというくらい2人の世界に入り込んで作詞作曲したので、とっても切なくて泣きそうになりながらレコーディングしましたね。色んな想いがこもった一曲になりました。『桜の木の下』がドラマの場面に桜を咲かすことが出来ますように。みんなの耳だけじゃなく心の中にも長く留まってくれますように。お楽しみに。

 

<プロデューサー藤野良太コメント>

MACOさんと出会って4年。いつか縁が重なればいいなと思っていましたが、ようやくこの作品で実現することができました。この企画が立ち上がってすぐ書いたメモをMACOさんに読んでいただきました。その時にMACOさんの中に生まれた種が育ち、「桜の木の下」という素晴らしい花を咲かせてくださいました。初めて曲を聴いた時、ドラマの世界観と完璧にハーモニーを奏でる歌詞とメロディに心震えました。ドラマと共にこの曲が聴く人の心に花を咲かせ、日々を彩ることを心から願っています。

 

この記事の画像一覧 (全 2件)