安藤美姫、無人島脱出4度目の挑戦は「本当に怖かった」

TV 公開日:2020/02/17 9
この記事を
クリップ

TBSでは2月24日(月・振休)よる7時から『アイ・アム・冒険少年』を放送。無人島を脱出して有人島に辿り着く時間を競う人気企画「脱出島」に安藤美姫が登場する。




無人島を脱出して有人島を目指す「脱出島」は、4度目の挑戦となる安藤美姫と初挑戦の高岸宏行(ティモンディ)の対決。

そして今回は、新ルール「ワンバッグシステム」が導入された。これは「水と食料以外であれば45リットルのリュックに入るものなら何でも持ち込みOK」という画期的なもので、何を無人島に持ち込むのかが脱出の行方を左右することになる。安藤は豊富な経験を活かし中身はほとんどが水の濾過装置などのサバイバルアイテム。その一方、野球部出身で高い身体能力を持つ高岸は、リュックの半分以上が秘密兵器!? 無人島生活には一見無縁なそれらアイテムとファンタジックな使い道に注目だ。

過酷な挑戦を振り返って安藤は「手作りの船で海に出たら、これまでにない風と波で本当に怖かった。でも、船酔いしながら撮影を続けるスタッフの皆さんと、家で待つ娘の応援に力をもらいました。転覆もしたけれど、ミスしたときはまず冷静になって気持ちを切り替える。そして自分は一人じゃないと思うことが大事」と、フィギュアスケートにも通じる冒険のコツを語った。

一方、超ポジティブシンキングが持ち味の高岸は「すべて楽しめました。冒険に大切なのは挑戦する気持ちを持ち続けること。失敗は成長へのステップです。恐れずどんどん失敗して、脱皮して、そうやって成長していけば、みんないいアナコンダになれます」と独特の世界観に力を込めた。

高岸の無人島適応能力の高さは、安藤が“脱出島の神”と仰ぐ無敵のあばれる君が、その座を奪われるのではないかと心配するほど。果たして世代交代はあるのか……。

また、今回は洞窟の奥地にある“絶景”に辿り着くまでの時間を競う新企画「洞窟王」の2本立てとなっている。放送は24日よる7時から。

■『アイ・アム・冒険少年』
TBS系 2月24日(月・振休)よる7時から
<出演>
MC:
岡村隆史(ナインティナイン)
田中直樹(ココリコ)
川島海荷

(C)TBS

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)