『シロクロ』清野菜名“ミスパンダ”が暴れまわる予感…ゴリラを誘拐

TV 公開日:2020/02/16 13
この記事を
クリップ

読売テレビ・日本テレビ系で放送中の日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』。

清野菜名が、囲碁棋士の川田レンと世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在【ミスパンダ】を、横浜流星が、大学で精神医学を学びながらメンタリストとして活動する一方、レン(清野)を操ってミスパンダに仕立て上げる【飼育員さん】でもある森島直輝を演じている。

前回放送の第5話では、7年前にショッピングモール爆破事件を起こした死刑囚・浜口が護送中に連れ去られる事件が発生。ミスパンダと飼育員さんは、警察から追われることになり、さらには、偽ミスパンダと偽飼育員さんに浜口死刑囚を殺害した濡れ衣をかぶせられ、ミスパンダは指名手配されてしまうことになってしまう。追うのは、ハブとマングースと呼ばれる警察官のエースコンビ。絶体絶命の大ピンチのミスパンダ。




そのミスパンダが、無実の罪を晴らすため、とった行動は、ゴリラを誘拐…!今宵はミスパンダが暴れまわる予感…。ミスパンダと飼育員さんの最凶コンビが、被せられた罪に、シロクロつけられるのか…?

第6話の放送は、今夜10時30分から。


■『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』
読売テレビ・日本テレビ系 毎週日曜よる10時30分~
出演:清野菜名 横浜流星 要潤 白石聖 山崎樹範 / 山口紗弥加 佐藤二朗

(C)読売テレビ

この記事の画像一覧 (全 3件)