片寄涼太「振られると辛いですね…」傷心の理由とは?

TV 公開日:2020/02/10 8
この記事を
クリップ

毎週日曜夜9時から「AbemaSPECIALチャンネル」でレギュラー放送中のGENERATIONS高校TV』。




2月9日(日)の放送回では、「デビュー7周年イベント裏側大公開SP」と題し、昨年11月21日に大阪で行われた、GENERATIONSのデビュー7周年記念イベント当日のメンバーに密着した模様が届けられた。

番組内では、全国のファンに向けたプロモーションを行うため、くじを引いて決めた全国7都市にメンバー1人1人が散らばり、一般の方にインタビューを敢行。「今日は何の日ですか?」という質問に対して、「GENERATIONSデビュー7周年」と答えてもらうことができたら、イベントを行う大阪に帰ることができるという過酷なミッションに挑戦。

イベント当日の朝、メンバーたちはくじ引きで決まった目的地へ出発。東京担当の中務裕太は、渋谷にある7ヵ所のビジョンを使って「今日は何の日でしょうか。早くきてください!」と、ファンの方に向けてアベマタワーズに集まるよう呼びかけるという作戦を決行。その後、たまたま渋谷に来たという中務ファンの親子に遭遇し、中務が「今日は何の日ですか?」と質問すると、「7周年おめでとうございます!」と返され、見事1組目でミッションをクリアした。

早朝7時の飛行機で福岡県に向かった佐野玲於は、「たぶん俺1組目でいけると思う」となぜか自信満々の様子でチャレンジ開始。空港内で佐野に気付き、遠くから手を振る男女を発見した佐野が「今日は何の日ですか?」と質問すると、女性が「GENERATIONSのデビュー7周年」と回答し、まさかの有言実行となった。開始3分という好記録に興奮が隠せない佐野は、「まじすか!ありがとうございます。めっちゃ嬉しい!」と大喜びした。

一方、神戸に向かった片寄涼太は、開始早々近くにいたカップルに声をかけるが、避けるように逃げられてしまい、これまでの企画でもあまり断られた経験がないことから思わず「振られた…。振られると辛いですね」と弱気に答えた。その後も、質問する相手の年齢層を下げて挑戦するも、「いい夫婦の日前夜祭」や「結成日」という回答しか得られず大苦戦。しかし、その後もめげずに挑戦する片寄のもとに、インスタグラムの投稿を見て駆け付けたファンの方が現れ、無事にミッションにクリアとなった。

そのほか、全国各地に飛び立ったメンバーたちの模様は、「Abemaビデオ」にて無料で視聴できる。


(C)AbemaTV


▼番組が気になった方はこちらもチェック!
オリジナルコンテンツ数No1!【AbemaTV】



この記事の画像一覧 (全 4件)