「さんま御殿」社長令嬢の美人モデルが元カレの芸人を暴露、その名前に仰天

TV 公開日:2020/02/04 142
この記事を
クリップ

2月4日の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、「金持ち VS 貧乏SP」を放送。裕福な家庭で何一つ不自由がなかったタレントたちと、食べるものにも困る貧乏生活を送ってきたタレントたちという、真逆の環境で育った両者が大激突する。




オープニングではいきなり金持ちメンバーの驚愕エピソードが続出。出川哲郎の母方の親族が元経団連会長、澁澤侑哉は2024年から新一万円札の肖像となる実業家・渋沢栄一の子孫、角川春樹を父に持つ角川慶子は子どものためにわざわざ保育園を設立したなど、どの話も規格外のものばかり。極めつけは、父母ともにお金持ちというモデル・デコウトミリが、「今日両親が離婚します」と仰天告白。さんまは「なんで冒頭で……」とヘトヘトになってしまう。

テーマ「周りに引かれた私の金持ち・貧乏生活」では、金持ちメンバーが当たり前のように「お手伝いさんがいた」とトーク。これにビックリした貧乏メンバーからは「4畳に家族5人だったので縦に並んでた」(三秋里歩・吉本坂46)、「家がないので彼女の家を渡り歩いている」(モダンタイムス川崎)など、残念なエピソードしか出てこない。さらに澁澤からは実業家だった祖父が孫9人を並べて「1人ずつ1000万円渡した」という驚愕のエピソードが。これにはお坊ちゃまの出川でさえも「間違ってる」と唖然としてしまう。

お金に不自由していないため「男にお金を使ってしまう」と明かすデコウトミリ。なんと最近まで芸人と付き合っていたと彼の名前をあっさり暴露。あるネタで大ブレイクし有名になったその名前にスタジオ中が仰天。彼自身「社長令嬢と付き合っている」と公言していたため、芸人仲間のニッチェは「つながった」と驚きを隠せない。「どこがよかったの?」と聞かれると、「行ったことがないファミレスに連れて行ってくれた」「歩いてデート」など金持ちならではのコメント。別れた理由は彼のとあることが許せなかったというが……。


一方、貧乏チームのダレノガレは、学生時代に母親がお弁当の中身を少しでも増やそうと、大きい水筒にある食材を入れていたと告白。デヴィ夫人もインドネシアのスカルノ大統領に嫁ぐまでは苦労しており、「線路わきの雑草を食べていた」と貧しかった当時を振り返る。高橋ユウ、三秋、ダレノガレは「つつじの蜜を吸うのは当然」と貧乏あるあるで大盛り上がり。高橋はさらに「鮭の味がする」と食べてはいけない“文房具”まで口にしていたことを告白。さらにさんまも乗っかり、「どの科目の教科書が一番おいしいか」で話が弾む。

また、川崎は家がボロボロだったため、夜中に台風が来たあと目覚めてみると、家のとある部分がすっかり無くなっていたという悲しい過去が。そんな苦労をしたことがないデコウトミリは、隣の部屋の弟がうるさいという理由で1億5000万の部屋を親に買ってもらったと、貧乏メンバーを驚愕させる。

そのほか「飲み物だけで1日6回ウーバーイーツを頼む」「小籠包が食べたくて台湾へ」「3か月のハワイ旅行が飽きて1ヵ月で帰国」など、理解できない贅沢エピソードが続出。お見逃しなく。


■「踊る!さんま御殿!!」
2020年2月4日(火)19:56~20:54
出演:明石家さんま
<ゲスト>
角川慶子、川崎 誠(モダンタイムス) 、近藤くみこ(ニッチェ)、澁澤侑哉、高橋ユウ、ダレノガレ明美、デヴィ夫人、出川哲朗、デコウトミリ、平泉 成、細木かおり、三秋里歩(吉本坂46)


(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)