田中みな実、結婚観に思わず語気強まる「はぐらかすことが多いじゃないですか!」

TV 公開日:2020/02/03 8
この記事を
クリップ

NHK総合では、2月11日(火・祝)午後 7:57~8:42『モンダイな条文~世界の“謎ルール”~』を放送する。ディレクターが実際に世界各国へ赴き、その国の事情や歴史を探り、“モンダイな条文”が成立した理由や影響に迫る。すると、意外な事実が明らかに。世界の多様な価値観を知り、人間の営みや社会のあり方を見つめ直す新感覚リーガル・バラエティ。“モンダイな条文”から、世界が、人間社会が、見えてくる。




世界には、まか不思議な“謎ルール”が存在する──。例えば…

▼ベラルーシの条文「美人は、政府の許可がないと出国できない」
▼米国(フロリダ州)の条文「ホットドック店の店員は、セクシーな恰好をすると逮捕される」
▼イギリスの条文「郵便局員は、犬と目を合わせてはいけない」
▼ロシアの条文「結婚は 1 か月待たないと認められない」
▼トルクメニスタンの条文「汚れた車を運転したら、罰金を科す」

「えっ、こんなルールが!?」と驚くような法律(条文)の数々…。なぜ、そんな条文が存在するのか?その条文によって起きた社会の変化や悲喜こもごもの人間ドラマとは?

<出演>【MC】バカリズム 【ゲスト】田中みな実、石原良純、澤部佑(ハライチ)
【法の女神テミス(天の声)】山崎弘也(アンタッチャブル)
 
 
【以下出演者(田中みな実、バカリズム、澤部佑)からのコメント】


■ 出演者にとっての「謎ルール」
田中「中学高校は器械体操部だったんですけど、とっても上下関係厳しくて、先輩が通ったら先輩の人数分、挨拶をしなきゃいけなかった。『こんにちは!こんにちは!こんにちは!こんにちは!こんにちは!』って、先輩が通るたびに言うんです!」


■ 「結婚は 1 か月待たないと認められない」というロシアの“モンダイな条文”を受けて、バカリズムと田中みな実が自身の“結婚観”を告白

田中「結婚って、一生に一度のものだと私たちは思ってるけど、固定観念なのかも…。バカリズムさんは最近、結婚されましたけど婚約から結婚までの時間は空いてたんですか?」
バカリズム「もともと付き合う時って、結婚を前提とするんじゃないですか?」

田中「え!?」
澤部「今のは好感度上がりますね(笑)。今は、とりあえず付き合って…みたいな若い子が多いんじゃないですか」
田中「男性って、覚悟がないまま付き合う人が多い気がします。女の子が『そろそろ結婚・・・』っていうと、『いやいや、まだやることある』って、はぐらかすことが多いじゃないですか!」
澤部「田中さん、今、語気が強くなりましたね(笑)」


■ 収録を終えて…

澤部「モンダイな条文は、海外旅行に行くときに知っておいた方がいいことかも」
田中「世界にこれだけ“謎ルール”があるんだったら、国内にもまだまだ私たちが知ら
ない不思議なルールがあるんじゃないかな?」




この記事の画像一覧 (全 5件)