清野菜名×横浜流星『シロクロ』謎は消えまた生まれ…飼育員さん大ピンチ?

TV 公開日:2020/02/02 10
この記事を
クリップ

闇が深そうな謎が多いながらも、次々とその謎が明かされていく「シロクロ」。このペースでいくと、ラストには一体なにが見えてくるのか…

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(通称:シロクロ、読売テレビ・日本テレビ系よる10時30分~)は、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダ(清野菜名)と彼女を操る男・飼育員さん(横浜流星)がバディを組み、世の中のグレーな事件にシロクロつけるシニカルミステリー。

清野菜名が、囲碁棋士の川田レンと世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在【ミスパンダ】を、横浜流星は、大学で精神医学を学びながらメンタリストとして活動する一方、レン(清野)を操ってミスパンダに仕立て上げる【飼育員さん】でもある森島直輝を演じる。

身体能力の高い主演二人のキレのあるアクションシーンは見ごたえ十分で、第3話ではダブル回し蹴りも披露。横浜流星の懸垂シーンでは、羽が生えたかのような見事な背筋に視聴者は沸いた。

また、直輝(横浜流星)にはあずさ(白石聖)という恋人がいるが、レン(清野菜名)との関係も気になるところ。図書館のシーンでは、お互い名前呼びすることにしたり、火事のことを話したレンを「俺も一緒だよ」と直輝が抱き寄せる一幕も(この様子を携帯で撮影していた白いコアラは…?)。直輝に恋するレンだが、果たしてこの先どう発展するのか。

根底にある謎に踏み込む前に、すでに見どころが多く散らばっているシロクロだが、二人の過去にまつわる謎は深い。

直輝には謎の死を遂げた父・森島哲也(田中圭)の死の真相を突き止め復讐する目的がある。恋人・あずさは直輝に指令を出すMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)の娘であり、直輝の父親が残した動画に映っていたコアラ男に誘拐されていた人物。Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)もなぜか直輝の父の警察手帳を持ち「どんどん君に似てきたねぇ」と発言するなど、どんな真相があるのか非常に気になるところ。

そして、レンは、10年前の火事の記憶、その火事で亡くなった双子の存在、そしてゲージに入れられて育てられた幼少時代など、心に大きな闇を抱えている。そんなレンの過去を精神科医・門田(山崎樹範)は少なからず知っている模様。第3話のラストでは、直輝から門田へ「川田レンは、レンじゃないですよね?」という衝撃的な問いかけが…!




続きが気になる、第4話あらすじは…

直輝(横浜流星)は門田(山崎樹範)から、10年前の火事にまつわるレン(清野菜名)とリコの秘密を聞く。レンは、直輝に好きになってもらえるような自分になるため、日本一の囲碁棋士になると決意。彼女は春男(升毅)に、改めて指導してほしいと頼む。

そんな中、楓(吉田美月喜)が通う中学校で騒動が起こる。



3年生の翔太が、同級生の涼介を人質にとって屋内プールに立てこもった。涼介は縛られた上に鉄アレイを括り付けられた姿で飛び込み台に座らされる。

涼介からのいじめを苦に自殺しようとした翔太に対し、涼介は翔太へのいじめを認めていなかった。翔太はミスパンダを呼んで、どちらが真実なのかシロクロつけてもらいたいと要求。ミスパンダが来なければ涼介をプールに沈めると脅迫する。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 20件)