浜辺美波、一人芝居に挑戦 名作童話「ヘンデルとグレーテル」

TV 公開日:2020/01/30 11
この記事を
クリップ

NHK Eテレ『おはなしのくに』は、幼稚園・保育所~小学校3年生向けに、読み聞かせや読書の楽しさを伝え、1990(平成2年)の放送開始から30年目を迎える、学校放送番組で一番の長寿番組。


「定番の昔話や名作を知らない」「読んだことがない」という子どもが増えているという学校現場での声にこたえ、これまで放送してきた日本の昔話シリーズに続き、今年から“海外の名作シリーズ”を放送。来月より、「はだかの王さま」(アンデルセン童話)、「ブレーメンのおんがくたい」(グリム童話)、「ヘンゼルとグレーテル」(グリム童話)の3本を続けて放送する。


秋山竜次(ロバート)×「はだかの王さま」(アンデルセン童話)

放送予定:2月3日(月) Eテレ 午前9:00~9:10




-「王さまははだかだ!」-

お笑い芸人として大人気の秋山竜次(ロバート)が、アンデルセンの名作「はだかの王さま」の王さまになりきる。見どころは、ペテン師のうまい言葉に惑わされる王さまの心情を、表情だけで描写する秋山のお芝居。その他、大臣や家来から町の人々まで、大勢の役柄を演じ分ける唯一無二の“秋山ワールド”をご堪能あれ。


<秋山竜次コメント>

普段から裸になる自分としてはぴったりなお話で嬉しかったです。昔から見ていた番組なので、一生懸命挑みました。収録前日に日焼けサロンにも行っておきました。ご家族でご覧になっていただけるとうれしいです。


浜野謙太×「ブレーメンのおんがくたい」(グリム童話)

放送予定:2月17日(月) Eテレ 午前9:00~9:10


-「ブレーメンへ行って、まちの音楽隊に入れてもらおう」-
ドラマや映画での独特の存在感が光る浜野謙太が、「ブレーメンのおんがくたい」をコミカルに温かく演じる。見どころは、飼い主に捨てられたロバ、犬、猫、オンドリの4匹の動物たちの演じ分け。4匹が協力して、どろぼうを追い払うシーンは注目。また、ミュージシャンでもある浜野の、劇中での歌とトロンボーンの演奏も必見だ。


<浜野謙太コメント>

子どもたちには、単純に笑ってもらえたらうれしいです。なかなかブレーメンへ行かないところや、動物がタワーになって脅かすところ、どろぼうがびびりすぎて間違えまくるところをおかしなこととして笑ってほしい。昔話の教示的な雰囲気を超越して笑えるものになっていたらいいなと思います。


浜辺美波×「ヘンゼルとグレーテル」(グリム童話)

放送予定:3月2日(月) Eテレ 午前9:00~9:10


-「この扉、チョコレートでできているわ!」-
CM、ドラマ、映画などで大活躍の浜辺美波が、「ヘンゼルとグレーテル」の物語をみずみずしく演じる。見どころは、妹のグレーテルが、恐ろしい魔女と対じする場面での浜辺の迫真の演技。チョコレートやクッキーで飾られたお菓子の家のシーンにも心躍る。浜辺演じるグレーテルが成長していく姿に注目だ。


<浜辺美波コメント>

幅広い年齢とキャラクター設定の役を一度に演じることは初めてだったので新鮮でした!知っていた物語をもう一度考え直すことにより新しい発見があって、たくさんの物語を読み返したいなと思いました。





※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)