大野智、後輩・知念侑李と息ぴったりな「アレグラポーズ」を披露

TV 公開日:2020/01/30 11
この記事を
クリップ

嵐の大野智が広告キャラクターを務めるアレルギー専用鼻炎薬「アレグラ(R)FX」の新TVCM「ちがうよ、チネラー」篇が2月3日(月)より順次オンエア開始する。

今作で8シーズン目を迎えたCMシリーズでは、Hey! Say! JUMP の知念侑李が登場。「アレグラ(R)FX」公式サイトでは、2月3日9時よりCM本編の他、メイキング映像が見られるCMギャラリーがオープンする。



本CMは、大野扮するアレグラ人のリーダー・サトシーラが、地球そして日本に現れるようになって8シーズン目を迎える。さらに今作は、後輩アレグラ人・チネラーとして知念侑李が登場。CM初共演となる二人だが、実際に所属事務所の先輩・後輩で、公私ともにとても仲がよいとのこと。撮影終了後に行ったインタビューでは、「憧れの先輩、サトシーラ先輩と、こうやって(CM共演)できることってなかなか無いですから本当に光栄ですし、後輩として、先輩と一緒に花粉に困っている日本の皆さんを、二人で24時間しっかりと支えていきたいな、サポートしていきたいなと思います!」と、アレグラ人になりきってコメント。

サトシーラと新たに加わったチネラーとが繰り広げる、コミカルでテンポの良い掛け合いと、息がぴったりと合ったアレグラポーズに注目したい。


<撮影現場レポート>

撮影開始にあたり、全身紫色のアレグラスーツに、紫色のヘアスタイルというアレグラ人姿でスタジオ入りした大野と知念。まず知念の肩に手をかけ、「後輩です!」と大野が撮影スタッフに紹介すると、「チネラーです!」と知念が合わせる。その微笑ましい様子に、スタッフから拍手が沸き起こり、一瞬にして全員が笑顔に。

撮影は、大野と知念の掛け合いシーンから始まり、続いて知念が一人で「アレグゥーラー」とポーズをとるシーン。CM本篇では、ポーズをとった後、サトシーラの「それ違う!」の声に合わせてチネラーが宇宙船から飛び降りるという演技なのだが、ジャンプするタイミングのきっかけとしてスタッフが知念に向けて「それ違う!」と声をかけるという段取り。いざ撮影本番。知念のジャンプのきっかけとなる「それ違う!」の声が、どことなく聴き慣れた声のよう…。実は控室で待機しているはずの大野がスタジオに残り、知念の演技のために自ら“きっかけ”の声出しをしてくれていたのだ。「贅沢な“きっかけ”出しだね」と監督から声がかかると、「こっちの方が(シーンの流れが)繋がるしね」と、さりげなく後輩を思いやる大野なのだった。

「アレグラ(R)FX」公式サイト:http://www.allegra.jp/


【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。