吉沢亮、熱のこもった渾身の演技に監督から「テンション高過ぎです」

TV 公開日:2020/01/31 9
この記事を
クリップ

俳優の吉沢亮とラグビー日本代表の稲垣啓太選手が、2月1日より全国で放映スタートする『『マイナビバイト』の新CM『バイト探しサムライ お先篇』に出演する。



吉沢亮は前作『バイト探しサムライ』登場篇に引き続きバイトを探して街をさまよう「バイト探しサムライ」役、稲垣選手は猛スピードでキャベツを千切りする「千斬りの武蔵」役を演じた。『マイナビバイト』のCMでお馴染み、ロックバンド「忘れらんねえよ」の『マイナビバイトの歌』に乗せて、スピード感溢れる、明るくコミカルなCMになっている。

今回の撮影では、バイト探しサムライのキャラクターを考慮し、表情や演技を豊かにすることを意識して撮影に臨んだとのこと。また、キャラクターを演じるCM出演は初めてとなる稲垣選手。速斬りの達人という役どころで凄まじい勢いの千切りにトライしたが、難なくこなしていた。貴重な演技シーンとなっている。


<『バイト探しサムライ』お先篇 撮影エピソード>

ほぼ全てのカットのファーストテイクで「吉沢さん、テンション高過ぎです」と監督が言うほど、熱のこもった演技を披露。CMで使うシーンを選ぶのに迷ってしまうほど、表情のバリエーションが豊富で、アドリブでも現場を盛り上げていた。

キャラクターを演じるCM出演は初めての稲垣選手。初めてとは思えないほど、堂々と『千斬り武蔵』を演じていた。本格的な時代劇の衣装での撮影だったので、「普段の自分とは全く違うので、新鮮です」と撮影を楽しんでいる様子。刀二本を使ったキャベツの千切りシーンにトライすると、たくましい腕の筋肉を活かしたダイナミックな千切りに、スタッフからも「おー!」という感動の声が。

撮影の合間は、昨年稲垣選手が大活躍した日本代表でのエピソードやアスリートの体調管理方法など、普段は聞くことができない貴重な話に吉沢亮も興味津々で、トークに花を咲かせていた。

CM放映開始の2月1日に26歳の誕生日を迎える吉沢亮。サプライズで稲垣選手から直筆サインとメッセージ入りのラグビーボールがプレゼントされると「めっちゃ嬉しい!見てくださいこれ!」とボールを眺めながらとても喜んでいた。


<『バイト探しサムライ』お先篇 インタビュー>

――お互いにお会いしてみた印象を教えてください。
吉沢:第一印象はでかい。武蔵役でしたが、実際武蔵ってこんな人だろうなっていうくらいの迫力というかオーラがめちゃくちゃありました。
稲垣:かっこいい、の一言に尽きますね。何度も撮影されている映像を見させていただいたのですが、「うわ、かっこいい」と何度も見ました。

――撮影を終えての感想はいかがですか?
吉沢:だいぶ今喉が枯れているんですけど、第一弾より叫んでいます(笑)稲垣さんにも登場いただき、よりパワーアップしているんじゃないかなという気がします。演技の時は、表情はめちゃくちゃ色んな顔をやらせていただきました。どれが使われるかわからないですけど、できるだけ応えられるようにだいぶ体を張りました。
稲垣:初めての経験だったので、全力で取り組まないといけないなと感じました。僕は表情を変える役ではなかったので、表情一辺倒で、あとは気合で包丁を動かしました。体を鍛えていて本当に良かったなと。非常にいい経験になりました。

――アルバイトの経験はありますか?
稲垣:工事現場とか、そういった力仕事のアルバイトをさせていただきました。見た目の印象通り力仕事しかできなそうなので、力仕事をやらせてもらいました。

――お互いにどんなバイトが似合うと思いますか?
稲垣:(吉沢さんには)塾の先生のような、生徒を教える側のお仕事をしていただきたいです。これほどかっこよかったら僕もなんでも言うこと聞きますもん。言われたことを忠実にやりますよ。
吉沢:(稲垣さんには)人力車とかめちゃくちゃ合いそうだなと思いました。もちろん力仕事で大変だろうけど、このガタイなので出来そうだなと。現場で一緒になって話したときにも、すごくフレンドリーな方というか、キャベツの千切りのシーンで待っている間も色んな話をして下さったので、その空気感もお客さんを楽しませてくれそうだな、と思いました。

――撮影の合間にどんなお話をされましたか?
吉沢:ラグビーをされているので、食事制限のことや、選手の話をしました。栄養士さんが、全部食事を管理されているというのは、プロだから当然かもしれないですが、すごくきつそうだなと思いました。

――吉沢さんから稲垣さんへ質問!
吉沢:ラグビーは世界の選手たちとぶつかり合う競技だと思うのですが、恐怖心はないですか?
稲垣:相手に対する恐怖心はないです。ただ、大きい大会や試合の前にプレッシャーはどうしても感じてしまうので。緊張とは少し違うんですけど、まずは自分がプレッシャーを受けていることを自覚して、それを受け入れた先にはねのける対策が打てると思っています。今まで培ってきた技術だったり能力だったりが、プレッシャーによって100%発揮できなかったシーンを何度も見てきているので、それだと寂しいじゃないですか。どうせだったら自分が培ってきた能力を全て出したいと思うので、やっぱりプレッシャーに対してどう立ち向かうかっていうのはいつもテーマとして持っていますね。

――アルバイトを頑張っている人へのエールをお願いします。
吉沢:世の中、色んなバイトがあると思いますし、大変なバイトもたくさんあると思いますが、バイトの経験が将来役に立つ瞬間が来ると思いますので、バイトだからといって手を抜かずに、精いっぱい目の前のバイトを頑張ってください。
稲垣:自分がなぜアルバイトをしているのか、という部分に対して、そこを目標に頑張ってほしいですね。何のためにアルバイトをしているのかをしっかりと理解することができれば、そのバイトに対して取り組む姿勢も変わると思いますし。僕自身、しっかりと目標をもってそこに対して頑張っていますので、そういった意味では皆さんと何ら変わりはないと思います。なので、お互い舞台は違いますが、頑張りましょう。


【関連商品】

   

この記事の画像一覧 (全 8件)