浅川梨奈、虚ろな表情で「つまんない」垣間見せる本性や目的とは?

TV 公開日:2020/01/27 10
この記事を
クリップ

女優の浅川梨奈がヒロインとして出演するドラマ『SEDAI WARS』(MBS、毎週日曜24時50分~/TBS、毎週火曜25時28分~)の第4話が1月28日 25時28分からTBSにて放送される。

先日放送された第3話では、生き残りをかけて各世代の代表者たちがより熾烈な戦いを繰り広げ、いよいよ“SEDAI WARS”も本格化。

日常に戻ったSEDAIたちが抱える問題も徐々に明るみに出てきたが、中でも視聴者の目を引いたのは、浅川梨奈演じる西條萌が学校でイジメに合うシーン。黒板いっぱいに書かれた誹謗中傷を消そうとするも、黒板消しを投げつけられたり、同級生から暴言を浴びさせられたりなど、その内容は散々なもの。

ただ、そんなイジメシーンよりも目を引いたのが、西條萌が垣間見せる本性だ。何事にも笑顔で振舞っていたが、一人になると虚ろな表情に低い声で「つまんない」と独り言をいったり、彼女が“SEDAI WARS”仕掛人の安藤直樹総理(演:大友康平)を操っているかのようなシーンも確認された。物語のカギを握るミレニアル世代・西條萌。SNS上でも「萌ちゃん一癖も二癖ありそうだな」などと様々な声が上がっているが、彼女の目的は一体何なのか?今後の展開にご期待いただきたい。


第4話ではついにバトル決着!?の兆しが。公開されている予告では、再開された“SEDAI WARS”の中で、ハイキックを蹴り合いながら激しいアクションを繰り広げるだけでなく、何かを発見して悲鳴をあげる萌の姿が映し出されている。


<第4話あらすじ>

「SEDAI WARS」の後半戦が始まり、6人の出場者がVRフィールドに集まった。前半戦の戦いで要領を得た出場者たちは、「初代大統領」の座をかけて、前半戦を超える激闘を繰り広げる。だが、6人の中で唯一、柏木悟(演:山田裕貴)だけは戦いに積極的ではなく、「みんな仲良く」ではダメなのかと提案する。そんな悟の思いも虚しく、敗退者が続出。そして、ついに「SEDAI WARS」の優勝者が決定する。


■ドラマ『SEDAI WARS』
MBS 毎週日曜24:50~/TBS 毎週火曜25:28~
出演:山田裕貴、浅川梨奈 ほか


【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)