市原隼人が「本当に面白すぎて」 監督の笑い声が入りNGに

TV 公開日:2020/01/24 14
この記事を
クリップ

そして、イベント翌日の1月24日が実は学校給食記念日であり、24日から30日までの1週間、全国学校給食週間が開始。この学校給食週間は昭和25年に当時の文部省、今の文科省が制定し今年で70年の歴史があるとのこと。ドラマの中でもやはり重要な役割を担った“学校給食”自体をお祝いすることと、給食はたまた食育の普及に貢献してくれたと言うことで、世界最大?125㎝の巨大先割れスプーンを、調布市立小学校で学校給食を作っているリアル調理員の馬面知春さん、、神山詠子さんから、ドラマを代表して市原に贈呈。出てきた巨大スプーンを前に、ビックリしつつも、キャスト、監督一同満面の笑みに。先割れスプーンの感想を聞かれ「これで給食食べたい」と茶目っ気たっぷりに答えた。

最後に市原は、「この作品が皆様に愛されて初めて完成するんだなとヒシヒシと感じています。小さいことから始まり、コツコツ作り上げていき、皆様に予想以上の声をあげていただき、心より感謝しています。劇場版もすごい仕上がりになっていますので、是非劇場に足を運んでいただけると嬉しいです。私自身愛する、生涯残したい作品になりました」と作品に込めた思いを語り、大盛り上がりの舞台挨拶となった。


■ドラマ「おいしい給食」
2020年2月5日(水)よりDVD発売&レンタル開始
出演:市原隼人、武田玲奈、佐藤大志、豊嶋花、辻本達規(BOYS AND MEN)、いとうまい子、酒向芳
Ⓒ 2019「おいしい給食」製作委員会


2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)