‟ドSドクター”佐藤健に女子陥落、これぞ王道ラブコメ「恋つづ」

TV 公開日:2020/01/21 12
この記事を
クリップ

上白石萌音が新米ナース、佐藤健が超ドSなドクターを演じる火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)。

円城寺マキによる同名漫画を実写化した本作は、先週第1話が放送されると、これぞ王道ラブコメ!というキュンキュンなシーンが満載。視聴者からは「久しぶりに胸キュンした」「ギャップ萌え」「女子がされたい理想のフルコンボ」などと女子大興奮。また、仮面ライダーシリーズ出演経験のある俳優3人(佐藤健、渡邊圭祐、山本耕史)が共演していることも話題となり、Twitterではトレンド入りした。

番組タイトルとともにトレンド入りしたのが「佐藤健」。




偶然の出来事をきっかけに天堂(佐藤健)に一目惚れし、看護師を目指した七瀬(上白石萌音)。いきなり天堂に告白したが、頭を掴まれ「誰だおまえ?」「身の程を知れ、岩石」と一蹴されてしまう。突然告白したことを謝り愛想笑いをする七瀬に、天堂は「気持ち悪い」とバッサリ。仕事でミスすると「バカ」。とにかく言葉は冷たいのだが、七瀬の本当のピンチには助けてくれる。

そんな佐藤健に対し、「佐藤健のドSドクターはやばい」「こんな佐藤健が見たかった!」「佐藤健こんなかっこよかった!?」など、佐藤健が演じるドSドクターに女子は虜となってしまったようだ。

また、そんな天堂にがむしゃらにぶつかっていく七瀬(上白石萌音)は、来生先生役の毎熊克哉も、演技をしながら心の中で「頑張れって思ってしまう」と漏らすほど応援したくなる存在。そんな‟勇者”七瀬の姿にも勇気をもらえるドラマだ。






今夜放送第2話は…

5年振りに再会した天堂浬(佐藤健)が、偶然にも隣の部屋に住んでいることが分かり、有頂天となる佐倉七瀬(上白石萌音)。しかしその直後、謎の美女・流子(香里奈)と一緒に住んでいると知り、七瀬は落胆。さらには、なんと流子から強引に2人の“愛の巣?”に招かれることに…!?

初めて、天堂のプライベートな姿を垣間見て淡い妄想を膨らませる七瀬だが、天堂からは「うちの科にくるなら手加減しない」と一喝されてしまう。

そんな中、循環器内科に正式配属された七瀬は、天堂の下に付くことに。天堂に一人前の看護師として認められたい七瀬だが、相変わらずミスを連発し、罵声を浴びせられていた。

一方、急な不整脈で入院中の家電量販店の従業員・神田光喜(金子大地)の緊急オペが決まる。しかし、オペの不安からか、神田は食欲不振に…。そんな神田に対し、天堂は投薬療法を見直し、食欲増進を図ろうとする。

七瀬は院内で開催するスペシャルイベントに神田を誘うことを思いつくのだった。七瀬の優しい気遣いに、食欲と前向きな気持ちを持ちなおした神田は、退院後に七瀬へオススメの炊飯器を提案することを約束する。





笑顔を取り戻した神田の表情に安心する七瀬だが、オペの前に神田の容態が再び急変し…。



TBSの火曜ドラマは、『初めて恋をした日に読む話』『G線上のあなたと私』など、キュンキュンさせながら女性を元気にするドラマが豊作。「恋つづ」も例にもれず、この先盛り上がっていきそうだ。


■『恋はつづくよどこまでも』
TBS火曜よる10:00~10:57

画像(C)TBS

この記事の画像一覧 (全 20件)