速水もこみち、押し倒されるのは「ちょっと快感」!?10年振りの連ドラ主演で超ドMな社長に

TV 公開日:2020/01/25 14
この記事を
クリップ

――撮影エピソードなどがあったら、教えてください。


「結構、松井さんのアクションがあったんですが、カッコイイんですよ。松井さん、アクションはほぼ初めだったみたいなのに。最初は緊張していたみたいですけど、慣れるにつれて、どんどんテンションが上がり、そのうち撮影前になると腕をぶんぶん振り回しちゃうぐらいに(笑)」


――アクションといっても、天城に対する唯のドSな行動のことですよね(笑)?


「そう(笑)。もう投げられたりしていたんですが、2人ともいつの間にか、撮影前になると自然と練習をしたりして。そのおかげでお互いの気持ちが通じ合って、気楽に本番に臨むことができました。しかも結構、台本にないことをやることも多くて。『えっ!?ここ跳び膝蹴りするの?』というようなことが何度もありました(笑)。佐藤さんが靴を脱いで振り返って、ニコって笑顔を浮かべるんです。それを見て僕がうれしそうな顔をすると、佐藤さんが走ってきてジャンプしながらキック!みたいな(笑)」




――現場での松井さんはどのような方でしたか?


「とてもステキな方でしたね。僕、以前、『地獄先生ぬ~べ~』で松井さんとは共演したことがあって。当時、なんて背の高い女の子なんだろうと思っていました。そのときはあまりお話できなかったんですけど、今回、久々にお会いしたらとてもキレイな大人の女性になっていて。僕は人見知りなので、それほど話すタイプじゃないんですが、いろいろ役のことについて話すことができました。平岡(祐太)さんもおっしゃっていたんですけど、松井さんが常に笑顔でいたから、最後まで乗り切れたと思います。そういうすごく笑顔のステキな女優さんでしたね」


――天城社長は一流研究者で製薬会社社長。しかし、実は奴隷願望のあるドM。速水さん自身にドMな要素はあるんですか?


「僕はどちらかというと、Lなので……ポテトはいつもLサイズ……はい、ありがとうございます(笑)。いやいや、ホントに自分がSかMか分からなくて。たぶん、両方あるんじゃないかなぁ」


――では、ドMとはいかなくても、女性に引っ張ってもらいたいという願望は?


「どうだろう? 状況にもよりますけど、元々“俺についてこい”っていうのは好きじゃないですね。2人で話し合って、どうしていこうかっていうタイプです。あまりこういう話をしたことないので、ちゃんと話すと恥ずかしいものですね(照)。たまに“俺についてこい”ってパターンもいいけど、自分勝手になっちゃうし…それよりも女性には常に優しくありたいんです」


――逆にドSな女性ってどう思われますか?


「それも実際、会ったことないので分からないんですよ。もしかしたら会ったことはあるかもしれないんですけどね(笑)。ただ、佐藤さんのドSっぷりは気持ち良かったと言えるかもしれません。撮影が終わるとき、もう佐藤さんと会えないと思うと、ちょっと寂しかったですから(笑)」

2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)