市川美織「ここは雪山ですか?」ライチョウポーズでスベる!?

TV 公開日:2020/01/16 10
この記事を
クリップ

1月18日に放送が開始される第30回JNN大賞『命をつなぐ 動物園、もう一つの誓い』の制作発表記者会見がTBSで行われた。

会見には、同番組のレポーターを務めた元NMB48で女優の市川美織、女優の高田夏帆、RCC中国放送のプロデューサー・戸倉真一氏が参加した。




雪山にてライチョウを探すロケを挑んだという市川は、ライチョウについて「こんなに手の平サイズくらいに小さくて真っ白の体をしているので、どこにいるのか見つけられないかと思いました。それまでの私のライチョウのイメージって“おっきい!ライチョー!”みたいな…」と左手を高く挙げて想像上のライチョウポーズを披露すると、すかさず高田から「(このポーズを)楽屋でしてましたよ」と補足説明が。さらに、市川は「本当は…と、右手に持っていたマイクを置いて両手でライチョウポーズを披露。

一連のポーズの締めくくりに、市川は「でも、これはスベると思ったので「ここは雪山ですか?」っていうオチをつけようと思ったんですがやめましょう」と会場の笑いを誘うと、高田も再び「ここまで練習していました」と楽屋での裏話を明かした。

福岡市動物園にて、絶滅が危ぶまれているツシマヤマネコのロケを行った高田は「ねこちゃんのような可愛らしさ、愛らしさで本当に胸がキュンキュンしました」と語ると、不意に隣の市川が胸の前に両こぶしを作る“キュンキュンポーズ”をとり、高田が「なんですか(笑)」と思わず笑みをこぼし、会場を和ませた。

続けて高田は「本来クルーたちが撮影できない場所に行って、飼育員の方が持っている携帯電話で撮影してもらったんですけど、飼育員さんとツシマヤマネコの距離感だから撮影できる、本当に可愛らしい姿が映っています。めちゃくちゃキュンキュンしました」とロケの様子を振り返った。

動物たちとレポーター陣のコラボも気になる第30回JNN大賞『命をつなぐ 動物園、もう一つの誓い』は1月18日(土)午後4:00~4:54 放送。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)