出川哲朗 イケメン発言連発、さんまのポジティブ恋愛観に「本当の恋してます?」

TV 公開日:2020/01/14 11
この記事を
クリップ

1月14日(火)放送の『踊る!さんま御殿!!』は「分かり合えない男と女」がテーマ。ゲストの男女13名が、恋愛や男女のコミュニケーションについてのエピソードトークや自論を展開する。

「私が恋愛で学んだ事」というトークテーマでは、現在21歳の藤田ニコルが、10代の頃と20代の今では恋愛観が変わったことを告白。




10代頃は「毎日一緒にいたい」と感じていたが、20代になり「長く付き合うなら週2」という考えに変わったそう。結婚して7年以上になる田丸麻紀にいたっては「会うのが10日に1回でも心配しない」とあっけらかん。これに反して男性陣は、三四郎・小宮が「週7で極上の女性と会いたい」とガツガツ。木下ほうかは「相手が1人だったら……、7人だったら……」と言い出し、藤田ら女性陣から白い目で見られてしまう。

恋愛に奥手な元タカラジェンヌの彩風蘭は「恋愛をするのが怖い」「宴会で男性のトイレの音が聞こえると冷める」と告白すると、おかずクラブ・オカリナも「10代のうちに恋愛で傷ついておかないと」と意気投合。2人とも恋愛経験が少ないため、頭でっかちになり理想が高くなってしまっていると悩む。初登場のミュージシャン・平沢あくび(ニガミ17才)は初めて付き合った男性がかなりの束縛系だったそう。「ケータイを提出しなければいけなかった」というエピソードにさんまは思わず「刑務所でしょ」とビックリ。平沢が意を決して、その男性と別れようとした際には壮絶なバトルが繰り広げられ……。

小宮は「もらったアメをすぐに噛み砕く女性は男をすぐ捨てる」という自論を発表。一方、オープニングから「令和一モテる」と自ら豪語するイケメン俳優・武田航平は「純粋そうに見える女性ほど遊んでいる」と恨み節。皆藤愛子アナへ疑いの目を向ける。

これまで数々の恋愛名言を連発してきた出川哲郎は、ゲスト陣の恋愛トークに「人は傷ついた分だけ優しくなれる」と激励。失恋トークになると「鼻水出しながら泣く」(藤田)、「ひたすら泣いて泣いて」(えなりかずき)、「フラれて泣きながら自転車を漕いでたら職務質問された」(小宮)と盛り上がる中、さんまは「(失恋したら)もう1人付き合えるんだと思う」と言い出し、スタジオ中が驚愕。さすがの出川もさんまの想像を超えるポジティブさに「ちょっと待って!さんまさん、本当の恋してます?」と慌てふためいてしまう。

そのほか、「異性に言われて傷ついた一言」というトークテーマでは、田丸が20年近く前、さんまと共演した際に言われた心無い一言を激白。平沢はえなりのことを「トイレの男性マークみたい」と衝撃発言。さらになぜか、さんまとゆいPが2人で床に寝転ぶ姿も。ぜひお見逃しなく。


■『踊る!さんま御殿!!』
1月14日(火)19:56~20:54
出演者:明石家さんま
<ゲスト?
【分かり合えない男と女】
彩風 蘭、板橋駿谷、えなりかずき、おかずクラブ(オカリナ・ゆいP)、皆藤愛子、木下ほうか
小宮浩信(三四郎)、武田航平、田丸麻紀、出川哲朗、平沢あくび (ニガミ17才)、藤田ニコル
(五十音順・敬省略)

(C)日本テレビ



   

この記事の画像一覧 (全 22件)