中谷美紀×池田エライザ “唯一無二の華やかな世界観”を集約したキーアート解禁

TV 公開日:2020/01/10 8
この記事を
クリップ

Netflixでは、TOKYOのリアルライフを描くNetflixオリジナルシリーズ『FOLLOWERS』(フォロワーズ)を世界190カ国に独占配信する。この度、蜷川実花監督が豪華キャストとともに描く本作のティザー予告編&キーアートがついに解禁となった。


宝石箱のように煌びやかなものたちが詰め込まれ、万華鏡のように変化する街=TOKYO。人々も街もとどまることなく変化を続ける中で、TOKYOの“今”を敏感にキャッチし、自らの手で成功を手にした女たち。モラルに囚われない確固としたライフスタイル、恋はするが相手に依存することはない自信にあふれた生き様。だがそんな彼女たちも人知れず孤独や、葛藤を抱えている。一方で、まだ“何者でもない”若者たち。無限の可能性を秘めながらも、苛立ちと根拠のない自信の間を行ったり来たり…。誰もがつかみ取りたいのは、自分らしい幸せの形。でもそれを阻むシビアな現実。甘美な街TOKYOで懸命にサバイブしようとする彼女たちの人生が、SNSを通じて意外な形で交錯していく――。

監督は、オンリーワンの色彩美&世界観で多くの人を魅了し、2019年に映画『Diner ダイナー』『人間失格 太宰治と3人の女たち』と話題作を立て続けに発表し、幅広い層から圧倒的な支持を得る、蜷川実花。独自の感性で常に時代を切り取り、色鮮やかな映像表現で日本のみならず、世界中の注目を集めてきた蜷川による、完全オリジナルの新作ドラマが誕生した。

今回解禁されたティザー予告編は、人気写真家のリミ(中谷美紀)と女優志望のなつめ(池田エライザ)、それぞれの人生の転換点となる運命の出会いを中心に描かれ、まさに宝石箱のようにキラキラとしたTOKYOの魅力が詰まったものとなっている。

女優として芽が出ず、くすぶっているなつめは、「何者かにならないとダメなのかな?」と夢もあきらめがちな日々を送っていたある日、CM撮影で人気女優のスタンドイン(立ち位置確認の代役)に入ることになる。スタッフの横柄な指示に腹を立て、指示とは全く違う行動に出る。カメラマンとして参加していたリミは、なつめが怒りに震え、涙を浮かべカメラを睨みつける様子を撮影。「なんか、昔の私みたいだなぁって。全世界に怒ってた頃の私と同じ目だ」とかつての自分と重ね、自身のインスタにその写真をポストする。

「リミのインスタに、なっつの写真がポストされてるの!」友人・サニー(コムアイ)から知らされた突然のビッグニュースに、驚くなつめ。リミが抱える数万人のフォロワーを中心に瞬く間に拡散され、“百田なつめ”の名前が、驚くほどのスピードで一人歩きを始める。第一線を走り、煌びやかなエンターテインメントの世界に生きるリミ、一方で、人生のスポットライトを浴びることができず悶々とした日々を送るなつめという対照的な世界で生きている人間が、ある一枚の写真とSNSへの投稿を機に運命を交錯させることになる。

リミとなつめ、それぞれが本作のテーマでもある「自分らしい幸せの形」を探しながら、SNSを通して、二人の女性の物語、そしてセンセーショナルな展開へと運命の歯車が進んでいくのを予感させるティザー映像となった。また合わせて、鮮やかで煌びやかな本作をイメージしたまばゆいライトに照らされる中で、カメラを見つめるリミとなつめが寄り添うキーアートが解禁された。このキーアートは蜷川監督自身が本作を撮影中に撮り下ろした1枚。蜷川実花監督しか描くことのできない、唯一無二の華やかな世界観がこの一枚に集約されている。

宝石箱のように煌びやかでゴージャス、万華鏡のように変化するTOKYOという舞台を前に、蜷川実花監督が新たに物語のキーに選んだ“SNS”というこの現代に欠かせないツール。SNSを通して喜びやチャンスを掴んだり、時には葛藤し翻弄されながら、それでも“自分”として強く生きていく、そんなリミとなつめという二人の女性の運命が交錯していく様子にますます目が離せない。『FOLLOWERS』は2月27日(木)よりNetflixにて世界190ヵ国で独占配信となる。


■Netflixオリジナルシリーズ『FOLLOWERS』
2020年2月27日(木)世界190カ国独占配信
監督:蜷川実花
出演:中谷美紀 池田エライザ 夏木マリ 板谷由夏 コムアイ 中島美嘉 / 浅野忠信 上杉柊平 金子ノブアキ 眞島秀和 / 笠松将 ゆうたろう


【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。