赤裸々ラブエロコメディに挑戦の内田理央、憧れの女子像は「好きな人ができたら、まっすぐ!」

TV 公開日:2020/01/15 19
この記事を
クリップ

内田理央が主演するドラマパラビ『来世ではちゃんとします』(毎週水曜夜1:35-2:05、テレビ東京ほか)がスタートした。


原作はSNS世代に絶大な人気を誇るいつまちゃん原作のコミック。内田が演じるのは5人のセフレがいる性依存系女子の大森桃江。彼女の働くCG制作会社スタジオデルタには姓をこじらせた同僚ばかりがいる。隠れ処女のBL大好きな高杉梅(太田莉菜)や、付き合った女性をことごとくメンヘラ化させる魔性の男・松田健(小関裕太)、処女しか好きになれない林勝(後藤剛範)、風俗嬢にガチ恋をしている檜山トヲル(飛永翼)。そんなイマドキ男女を描いた赤裸々ラブエロコメディだ。




そこで今回は主演の内田に直撃。ドラマのことに加え、自身の恋愛観についても聞いてきた。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)