佐野勇斗と飯豊まりえが書初め、“17歳の頃にやりたかったこと”披露

TV 公開日:2020/01/03 11
この記事を
クリップ

「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で放送が決定している、最新オリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』に出演する、佐野勇斗さんと飯豊まりえさんが書初めを持った写真とコメント動画を、「AbemaTV」公式SNSアカウントに投稿し、反響を呼んでいる。




『僕だけが17歳の世界で』は、幼馴染の航太(佐野勇斗)と芽衣(飯豊まりえ)が、お互いに“好き”という気持ちに気づくも、想いを伝えることなく突然航太が亡くなってしまい、季節外れの桜が咲く期間だけ戻ってくるファンタジー・ラブロマンス。

今回投稿され反響をよんでいるのは、佐野勇斗と飯豊まりえが、書初めで“17歳の頃にやりたかったこと”を披露しているツーショット写真と、書初めの内容について2人がコメントしている動画。佐野は「留学」と書いた理由を、「高校生の頃ニュージーランドにホームステイしていたが、もっと留学して英語を学びたかった」と話し、飯豊は「小学生の頃、学年で一番足が速かったが、高校生になって一度も運動会に参加できなかったので“走る”という得意分野をやり残してしまった。なので、このドラマの中でたくさん走りたい」と話した。これに対し、ファンからは、「さすが勇斗くん」「佐野くん達筆!」「まりえってぃ運動神経良さそう」「勇斗くんもまりえちゃんも可愛すぎる」などのコメントが寄せられた。

2020年2月20日(木)より放送開始する、ファンタジー・ラブロマンス『僕だけが17歳の世界で』の公式Instagramアカウントでは、ドラマ内に登場するキャラクターの日常や心情など、ドラマをさらにお楽しみいただけるような内容が猫の「さくら」目線で続々と投稿されていくので、ぜひフォローいただきたい。

ⒸAbemaTV


この記事の画像一覧 (全 2件)