菅田将暉 紅白リハに登場、五木ひろしに“まちがいさがし”!?

TV 公開日:2019/12/30 18
この記事を
クリップ

第70回 NHK紅白歌合戦のリハーサル・音合わせが30日もNHKホールで行われた。

『3年A組-今から皆さんは、人質です- 』(日本テレビ)主演から2019年はスタートし、今年も数多のドラマ、映画、舞台、CM、ライブ活動と百戦錬磨の活躍をみせた菅田将暉がリハーサルに臨んだ。




初めての紅白のステージに立った菅田は「こんなところにいるんだあって。普通にSuperflyさんのライブ観てました(笑)(菅田の前がSuperfly)。あ、次オレかみたいな不思議な感じで始まって、エンジン掛かって来たなと思ったら終わってしまって。本番はもっと早くからエンジン掛けなきゃなあって思ってました」と第一声。

30日は全体リハーサルも行われたが、その時は五木ひろしや、氷川きよしが親切にしてくれたそうで、「五木さんが得点が後ろに出るんだよって教えてくれて、”ほら、白組負けちゃったじゃん”って言われたんですけど、どう数えても白が勝っていて、五木さん間違ってたんですね」と、まさに“まちがいさがし”をした菅田。

昨年の年末は実家で紅白を鑑賞し、米津玄師の歌唱も観ていたそう。紅白に出る意味について問われると、「もう自分の意志だけではなくって、家族の思いと言うか、やっぱりおじいちゃん、おばあちゃんとかが喜んでくれるんです。お話を頂けるならそう一生に何度もないことなので孝行できたなあと思います」と頬を緩めた。

2019年を振り返る質問が飛ぶと、「今年はなんかずっと怒る役ばっかで(笑)、なんでこんなに怒って、なんのためにこんなに涙流してるんだろうと思った1年で。個人的にこの世界で10年という節目の年でもあったんですけど、ドラマもやり、舞台もやり、映画もやり、ツアーもやり、まさかここにきて紅白ということもあって、なんかすごい濃い1年でしたね」と、その充実ぶりに満足そうな表情をみせた。

真っ白に色抜きした髪色で報道陣をあっと言わせた菅田だが、「紅白バージョンというわけではなく、作品に入っているわけでもないのですが、この前まで舞台やっていたので気分的に抜きたいなあと思って。白組だしいいかなと。僕、記者会見行けなかったので、今日のリハでお披露目という感じです」と真相を語った。

菅田の紅白でのパフォーマンス。かなりカッコいいステージとなりそうなので、髪型、衣装ともども、彼の一挙手一投足に注目していただきたい。

「第70回NHK紅白歌合戦」は、31日19時15分~23時45分にNHK総合ほかで放送される。総合司会を内村光良とNHKの和久田麻由子アナウンサーが務め、白組司会を嵐の櫻井翔、紅組司会を女優の綾瀬はるかが務める。

この記事の画像一覧 (全 7件)